ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテルグランヴィア岡山、新生スーペリアフロア販売開始

ホテルグランヴィア岡山、新生スーペリアフロア販売開始

投稿日 : 2020.03.06

岡山県

ホテル関連ニュース

ホテルグランヴィア岡山(329室)はこのたび、スタンダードフロアの12階と14階の客室2フロア68室を改装し、2020年3月14日(土)から新たに「スーペリアフロア」として販売する。

DISCOVER OKAYAMA×COMFORTABLE STAY

出典:JR西日本ホテルズ

リニューアルコンセプトは「DISCOVER OKAYAMA×COMFORTABLE STAY」。晴れの国「岡山」の特産品や観光地などの魅力を、ホテルステイを通して発見し、観光や滞在をさらに充実したものとなるようリニューアルしたという。

2016年6月より客室の改装を随時進めており、2017年2月には17階、2018年2月に18階、2019年1月には5階のリニューアルが完了。

今回の12階と14階フロアのリニューアルは、同工事に先駆けてモデルルームを工事することで客室の仕上がりを検証し、機能性や居住性を追求したという。計68室を改装し、幅広い顧客にさまざまなシーンで快適に過ごせる部屋へと生まれ変わる。

出典:JR西日本ホテルズ

ベッド横に客室内の照明やコンセント、USBの電源を集約させたコントロールパネルを設置し、電源操作の際に移動することなく過ごせるよう機能性を向上させた。

出典:JR西日本ホテルズ

ニューアルしたスーペリアンツインでは、バスとトイレをセパレートタイプに改修するとともに、洗い場を設置し、ゆったりとしたバスタイムを楽しめる。また、心地良いバスタイムを過ごせるよう、レインシャワーを採用した。

さらに洗面台エリアをオープンにすることで、広がりが感じられる客室とした。仕切り扉の開閉も可能で、プライバシーにも配慮しているとのこと。

【合わせて読みたい】

岡山で現代美術アート作家と建築家「A&A」プロジェクト始動

ホテルグランヴィア岡山「ファミリーデラックスルーム」誕生

アパホテル〈岡山駅前〉が増築の上、本日11月19日開業

関連記事