ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「グランピングキャビン」2019年4月26日開業

「グランピングキャビン」2019年4月26日開業

投稿日 : 2019.03.20

埼玉県

新規ホテル情報

株式会社温泉道場(埼玉県比企郡ときがわ町)が運営するゆうパークおごせ(埼玉県入間郡越生町)に、2019年4月26日(金)、新エリアとして「グランピングキャビン」がオープンする。

4月〜7月にかけて、続々リニューアル

出典:温泉道場

越生の豊かな自然に囲まれたエリアに現れるキャビン。室内には5台のベッド、ミニキッチン・冷蔵庫からシャワールーム・洗面台まで備え付けられている。アウトドアに慣れていない人も快適に滞在できる。さらに15㎡のウッドテラスではBBQが楽しめ、家族やグループで過ごすのに最適。

ゆうパークおごせでは4月〜7月にかけて、館内外の段階的なリニューアルを予定しており、今回のオープンはそれらリニューアル計画の第一弾となるもの。グランピングキャビンエリアに続いて、グランピングテントエリア・コクーンツリーテントエリア、サウナスイートキャビンエリア・ドームキャビンエリアなどのオープンを予定している。

ゆうパークおごせは、越生町の町有施設で、2018年4月より温泉道場が借り受けるかたちで運営している。一般的に、町有施設については指定管理制度での運営が多い昨今、温泉道場は町と賃貸借契約を行い、開発費を自社で支出し施設の経営を立て直すという埼玉県では珍しいビジネスモデルにチャレンジする。

所在地:埼玉県入間郡越生町上野3083-1

メトロエンジンリサーチによると、埼玉県入間郡越生町には宿泊施設が4、部屋数にして85室が提供されている。

【合わせて読みたい】

グランピングリゾート「RuGu」宮古島に2019年1月11日開業

星のや富士「冬の森グランピングリトリート」

隈研吾デザインのグランピング施設が11月1日熱海に開業

関連記事