ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「石山離宮 五足のくつ」12月27日より一休.comに掲載開始

「石山離宮 五足のくつ」12月27日より一休.comに掲載開始

投稿日 : 2018.12.27

熊本県

ホテル関連ニュース

一休は、「石山離宮 五足のくつ」の予約受付を本日12月27日より開始した。同時に「五足のくつ」は「一休Plus+」に加盟し、国内のオンライン旅行予約サイトでは一休でのみ予約が可能となる。

出典:石山離宮 五足のくつ

天草のエキゾチックが詰まる全室露天風呂付の宿

「五足のくつ」が位置する熊本県天草は、16世紀に日本がヨーロッパと出会った地といわれている。

東シナ海を通じて古くからヨーロッパやアジアとつながりがあり、有形無形のものが入ってきたことで天草は独自の文化を歩んできた。結果、エキゾチックで艶やかな風土が育まれてきた。

「五足のくつ」は、施設やサービスの随所で天草の歴史、風土を表現。

“旅館の三種の神器”といわれる景観・温泉・食事も、「五足のくつ」では現世と隔離された、まるで異世界にいるかのような独特な空気感の中で愉しめる。

「五足のくつ」は、東シナ海沿岸の雲仙天草国立公園内に立地。水平線に向かって沈んでいく夕日・真っ暗な空に輝く無数の星・勢いよく伸びる樹木・東シナ海が作り出した奇岩など、時間帯によって異なる絶景が望める。どの時間帯も天草ならではの自然の精気が感じられる絶景を体感できる。

「五足のくつ」は東シナ海を望む山ひとつ・1万坪の敷地となっており、その山の上に全室「離れ」として客室が造られており、圧倒的なランドスケープとなっている。全室で露天風呂を楽しみ、ゆっくりとした時間を過ごせる。

「五足のくつ」のある下田温泉は漁師町。夜中・早朝・夕暮れ時に網をあげて2時間ほどで帰る近海漁業をしており、「五足のくつ」ではとれたての地魚をメインにした懐石料理をレストランの個室で提供。

泊る棟により食事するレストランも食事内容も変えており、2泊以上の滞在で表情の異なる部屋・料理を楽しめる。

出典:石山離宮 五足のくつ

【施設 概要】

名称:石山離宮 五足のくつ(いしやまりきゅう ごそくのくつ)

所在地:熊本県天草市天草町下田北2237

客室数:15

出典:石山離宮 五足のくつ

熊本県天草市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、天草市には宿泊施設が109、部屋数にして1,011が提供されている。

2002年7月に開業した同ホテルはVilla A・Bの離れ(天然温泉・露天風呂付)10棟でオープン。2005年10月に、Villa Cの離れ(天然温泉・露天風呂付)5棟を作った。

同ホテルは平均客室単価が10万円を超える高級旅館となっている。

出典:石山離宮 五足のくつ

【合わせて読みたい】

長崎と天草「潜伏キリシタン」世界遺産登録へ

藤田観光が長崎五島に北欧ビレッジを本年8月オープンー五島列島の観光トレンド

一休.com「飛鳥II」クルーズプランの取り扱い開始

高級スパ予約サイト「一休.com スパ」が 大幅リニューアル

「箱根吟遊」が本日11月1日より「一休Plus+」に加盟

一休.com、京都・亀岡に一棟貸切施設「「離れ」にのうみ」

関連記事