ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ONSEN・ガストロノミーツーリズム、千葉県いすみ市

ONSEN・ガストロノミーツーリズム、千葉県いすみ市

投稿日 : 2019.06.03

千葉県

インバウンド

一般社団法人ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構及びその事務局を担う株式会社ANA総合研究所otomo株式会社、千葉県いすみ市は、このほどONSEN・ガストロノミーツーリズムの更なる普及啓蒙に向け、外国人旅行者対応の体制強化を目的とした四者連携協定を締結した。

地域に根差した食やその背景にある地域の自然・歴史の魅力

出典:otomo

ガストロノミーツーリズムとは、地域に根差した食やその背景にある地域の自然・歴史等の魅力に触れることそのものを目的としたツーリズムのことで、欧米を中心に世界各国で実施されているが、これに「温泉」をプラスした新しい体験を「ONSEN・ガストロノミーツーリズム」と呼んでいる。

温泉地を単なる「温泉を楽しむ場」としてだけでなく、滞在型・体験型の観光の宿泊拠点と捉えることで、更なる温泉地の魅力を引き出し、観光振興及び地域の活性化を図る取り組み。

同協定は近年急増している外国人旅行者の受入体制を強化することにより、ONSEN・ガストロノミーツーリズムの更なる普及啓蒙を促進し、地域に根差した温泉、食といった地域資源とその土地に住む人材を最大限に活用することで、観光振興及び地域を活性化させることを目的としている。

一般社団法人ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構は、2016年9月の発足以来、温泉地をグルメ、歴史文化等で楽しむウォーキングイベント(ONSEN・ガストロノミーウォーキング)を2019年3月まで全国で計40回開催、約9,000名の参加者を集めるなど、ご当地の海産物を始めとする様々なグルメや、地酒が大好評を得ているという。

昨年度から、観光庁のテーマ別観光による地方誘客事業に選定されたことを機に、年中いつでもONSEN・ガストロノミーツーリズムを満喫できる企画を、いすみ市の協力を得て、インバウンド向けプライベートツアーサービス「otomo」の仕組みを活用し、全国初のケースとして展開する。

今回は第一弾として、千葉県いすみ市において下記2つの施策をモデル事例として実施する。

・年中いつでもいすみ市を訪れ、ONSEN・ガストロノミーツーリズムを楽しめるツアープランの作成/ツアーサービスの提供、並びに外国人旅行者へのプロモーションの強化

・ガイド活動を希望する方々や外国人旅行者と接する施設の方々を対象とした、外国人旅行者を案内するために必要な基礎知識やスキルの習得を目的とした「インバウンドガイド講座」の開催

いすみ市は、千葉県の南東部に位置し、東京駅から特急で約70分、豊かな里山・里海で育まれる高品質な農水産物に恵まれ、3年連続で「住みたい田舎ベストランキング」首都圏エリア第1位を獲得している。現在、食によるまちづくりを市の基幹施策として推進しており、地域産業経済の活性化、観光交流人口の拡大、食による地域の魅力の向上と発信を目指しているという。

出典:いすみ市

千葉県いすみ市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、いすみ市には宿泊施設が25施設展開しているが、いずれも民宿やペンションなどの小規模な施設が多く客室数としては252室となっている。

ワイルドキッズ岬オートキャンプ場では、海と山、湖に囲まれた九十九里のロケーションへGWや夏休みを中心に人気が集まっている。

【合わせて読みたい】

otomo、福岡市「博多旧市街プロジェクト」の多言語ガイドツアー運営事業者に採択

インバウンド向けツアー「otomo」が関西圏にサービス拡大

otomo、三井住友海上と包括保険契約、ガイド向け休業補償プログラム

インバウンド旅行者向け、otomo紹介プログラム

関連記事