ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > otomo、福岡市「博多旧市街プロジェクト」の多言語ガイドツアー運営事業者に採択

otomo、福岡市「博多旧市街プロジェクト」の多言語ガイドツアー運営事業者に採択

投稿日 : 2019.04.10

福岡県

インバウンド

インバウンド旅行者向けのプライベートツアーサービスを運営する、otomo株式会社は、福岡市「博多旧市街プロジェクト」が公募する多言語ガイドツアーの運営事業者として採択された。同社は、2019年4月にサービスの提供エリアを福岡県に拡大するとともに、海外から訪れる旅行者の旅行体験を向上させる各種取り組みを福岡市と連携しながら推進していく。

4月より福岡県にサービスの提供エリアを拡大

同社は、2019年1月にサービスを正式リリースし、これまで全国8都府県にて400名以上のガイドに登録を得て、200種類以上のツアープランでプライベートツアーを提供してきた。

2019年4月より福岡県にサービスの提供エリアを拡大し、ガイド登録とツアーの予約受付を開始。

福岡県では、福岡市の協力のもと作成した博多旧市街エリアにおけるツアープラン4種類を含む、計14種類のツアープランを提供。また、福岡市とともに、ガイドを養成する「インバウンドガイド講座」を開催(参加費無償)するほか、海外から日本を訪れる旅行者向けのプロモーションを実施する。

旅行者の多様なニーズに応える、テーマ性を持った同社オリジナルのツアープランを提供している。ツアープランは、全て同社独自の実地調査を行って作成しているという。
「博多旧市街のツアープラン」

・博多伝統工芸の職人技を見学し、博多織製作や博多人形の絵付けを体験するツアー(博多/4.5時間)

・博多発祥のうどん・お茶や日本酒を味わい、日本食文化のルーツにも迫るツアー(博多/5.0時間)

「福岡県の代表的なツアープラン」

・島々を船で渡り、雄大な海峡やレトロな港町をサイクリングするツアー(門司/6.0時間)

・猫だらけの島で猫と遊び、島の奇妙な遺跡や絶品海鮮料理を楽しむツアー(相島/6.0時間)

また、福岡市と共催で、海外から日本を訪れる旅行者を案内するガイドを養成するためのインバウンドガイド研修講座を開催する。

開催場所:福岡アジア美術館・福岡市役所
開催日程:2019年5月27日(月)~2019年6月9日(日)で計8回開催(1回あたり2日間 計6時間)
参加定員:各回25名 計200名 ※参加希望者多数の場合は抽選。
参加要件:日常会話レベル以上の外国語スキルを有しており、ガイドとしての活動意欲があること
参加費用:無償

【合わせて読みたい】

インバウンド向けツアー「otomo」が関西圏にサービス拡大

otomo、三井住友海上と包括保険契約、ガイド向け休業補償プログラム

インバウンド旅行者向け、otomo紹介プログラム

関連記事