ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > otomo、三井住友海上と包括保険契約、ガイド向け休業補償プログラム

otomo、三井住友海上と包括保険契約、ガイド向け休業補償プログラム

投稿日 : 2019.02.20

指定なし

インバウンド

otomo株式会社は、三井住友海上火災保険株式会社と包括保険契約を締結し、旅行者およびガイドがサービス利用中に遭った事故・トラブルを無償で補償する。また、ガイドが事故・トラブルにより就業不能となった場合の報酬を補償するプログラムを同社独自で開始する。

事故・トラブル発生時は、14か国語に対応する三井住友海上の事故受付センターにて対応

同社が契約者として、三井住友海上が提供する「事業者向け個人賠償責任保険」をはじめとする各種保険商品に包括的に加入することにより、旅行者とガイドに対して同社サービスのツアー中に発生する事故・トラブルによる傷害での入院や通院、最大1億円までの賠償責任を補償する。

2019年3月1日以降に実施する全てのツアーに無償附帯し、旅行者とガイドの費用負担や手続きは必要ない。加えて、同社は三井住友海上と協定を締結し、事故・トラブル発生時には、14か国語に対応する三井住友海上の事故受付センターにて、円滑な問い合わせ対応を行う。

また、同社独自で「ガイド向け休業補償プログラム」を開始し、同社所定の条件を満たした場合、ツアー中の事故・トラブルによってガイドが就業不能となった際の報酬を、総額50万円を上限として補償する。

観光庁が平成29年度に実施した訪日外国人旅行者の保険加入に関する調査では、旅行保険の未加入率は約3割となっており、旅行保険未加入者が旅行中の事故・トラブルにより高額な医療費負担を強いられるケースが多く発生している。

また、同社が旅行者とガイドに対して実施したアンケートでは、8割近くがツアー中の事故・トラブルに対する補償・サポートを求めていることがわかった。

加えて近年、働き方が多様化して副業に従事する人が増える一方、副業中の事故・トラブルに対する補償の充実が求められている。同社サービスに登録するガイドのうち、約6割は他に職業があるなかで副業として活動しており、より安心してガイドとして活動してもらうため、今回の保険導入に至ったという。

【「保険サービス」概要】
同社が三井住友海上と包括保険契約を締結して、保険サービスを提供。
対象:同社サービスを利用する旅行者・ガイド
補償範囲
旅行者:ツアー開始時(ガイドと合流)から終了時(ガイドと解散)まで
ガイド:ツアー参加を目的として自宅を出発してから帰宅するまで
補償内容
第三者賠償保険:最大1億円
傷害保険:死亡・後遺障害 500万円/入院 1日5,000円/通院 1日3,000円

【「ガイド向け休業補償プログラム」概要】
同社が独自に同プログラムを提供。
対象:同社所定のサービス利用実績を有するガイド
条件:傷害保険の適用を受け、就業不能である旨を証明する診断書を同社に提出すること
補償期間:
診断書記載の就業不能期間(上限3か月)
補償内容:
同社サービスにおける過去3か月間の平均ガイド報酬額の80%(総額上限50万円)

【合わせて読みたい】

インバウンド旅行者向け、otomo紹介プログラム

関連記事