ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ファーストキャビン全施設で通訳サービス「スマイルコール」導入

ファーストキャビン全施設で通訳サービス「スマイルコール」導入

投稿日 : 2019.12.02

指定なし

インバウンド

インデンコンサルティングが提供するリアルタイム通訳サービス「スマイルコール」がキャビンスタイルホテル「ファーストキャビン」の全施設に2019年12月1日より導入される。

スマイルコールは、ビデオ通話を利用して顔と顔を合わせながら、英語・中国語・韓国語・スぺイン語・ポルトガル語・タイ語の6言語を24時間365日(一部の言語をのぞく)通訳できるサービス。

2012年にサービス開始し、現在では日本全国で14,000施設を超える導入実績がある。

飛行機のファーストクラスをコンセプトにしたキャビンスタイルホテル「ファーストキャビン」では、これまでも外国からの顧客の滞在が多く、ファーストキャビン秋葉原 昭和通り/京都嵐山/御堂筋難波にてスマイルコールを導入。

来年の東京オリンピックに向け、今後より一層外国からの顧客の増加が予想されることから、この度、国内の全26施設にてスマイルコールの導入を決めたという。

出典:インデンコンサルティング

【合わせて読みたい】

「ファーストキャビン柏の葉」が客室タブレットtabiiを導入

ファーストキャビン 柏の葉、2019年9月2日開業

荷物預かりecbo cloak、ファーストキャビン12施設導入

「ファーストキャビン 京都二条城」2019年8月開業

「ファーストキャビンST.京都梅小路RYOKAN」 2019年3月

関連記事