ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > エイベックスと三井物産がダイナミックプライシングで提携

エイベックスと三井物産がダイナミックプライシングで提携

投稿日 : 2019.06.12

指定なし

ホテル関連ニュース

エイベックス・エンタテインメント(AEI)は、三井物産の子会社で、需要と供給の状況に応じてチケットの価格を変動させるダイナミックプライシング事業を行うダイナミックプラスの株式の一部を三井物産より譲受、ライヴエンタテインメント分野でダイナミックプライシングの導入に向け提携する。

音楽・コンサート等のライヴエンタテインメント分野で導入

ダイナミックプライシングは、AI技術を使い、チケットが購入される時期、需要、市況、天候等に関するビッグデータを最大限に活用することで、リアルタイムにチケットの価格を変動させる手法。欧米を中心に、多種多様な業界で導入されてきている。

ダイナミックプラスは、2018年6月の設立以来、ダイナミックプライシングをプロ野球・Jリーグ・ラグビーなど、プロスポーツ観戦チケットへの導入を中心に推進。

今回、AEIは音楽・コンサート分野でのダイナミックプライシングの拡大に向け、ダイナミックプラスとの業務提携に合意。多くの顧客に適切な価格でチケットを届けることを目的とし、チケットの不正転売の抑止にもその効果を期待しているという。

AEIと三井物産は、より高い体験価値を継続的に顧客に提供し、音楽・コンサート分野のさらなる発展を目指して、ダイナミックプライシングの導入を促進していきたい考え。

 ダイナミックプラスは、AEIを株主に迎えた結果、出資完了後の株主構成は、三井物産59.2%、ヤフー株式会社34.0%、ぴあ株式会社3.4%、エイベックス・エンタテインメント3.4%となった。

【合わせて読みたい】

スポーツ界でダイナミックプライシング導入の動き〜横浜M、ソフトバンク、ヤクルトなど〜

「嵐」活動休止とホテル稼働、チケット販売へのインパクト

チケット高額転売へ超党派議連総会

JR東日本、オフピーク通勤促進キャンペーン

東横イン、客室転売に注意喚起、固定価格が一因か

関連記事