ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 大和リゾートが世界最小水中スクーターを日本初導入

大和リゾートが世界最小水中スクーターを日本初導入

投稿日 : 2018.08.20

沖縄県

ホテル関連ニュース

ダイワロイヤルホテルを全国に28施設展開する大和リゾート株式会社は、同ホテルの宿泊者を対象とした世界最小の水中スクーター「SUBLUE(サブルー)」を日本初導入。6施設を対象に、「SUBLUE」の体験型サンプリングが今夏、試験導入されている。

出典: 株式会社セキド

世界最小水中スクーター「SUBLUE」
世界最小水中スクーター「SUBLUE」とは、SUBLUE社が全世界で初めて発売した、ツインスクリューを搭載したコンパクトな水中移動補助製品である。
日本総代理店である株式会社セキドは、キャトル株式会社が運営する「商品」と「商業施設」のオンラインマッチングサービス「aircatalog(エアカタログ)」を介し、同商品を大和リゾート株式会社へ提案。宿泊者が同商品を体験する場として、8月10日から60日間の予定で体験型サンプリングの導入に至った。
【商品概要】
SUBLUE WHITESHARK MIX(サブルー ホワイトシャーク ミックス)
価格 : 72,500円(税込78,300円)
https://www.sekido-rc.com/?pid=132323267

出典:株式会社セキド

ダイワロイヤルホテルでの試験導入
DAIWA ROYAL HOTEL(ダイワロイヤルホテル)は、その土地に根ざした楽しみや特色あるおもてなしの提供を掲げるリゾートホテルで、全国に28施設を展開している。「SUBLUE」の体験型サンプリングの導入対象施設は、その内の以下の6施設である。

【導入施設】
・Active Resorts 宮城蔵王(宮城)
・Royal Hotel 那須(栃木)
・Hotel & Resorts ISE-SHIMA(三重)
・Hotel & Resorts NAGAHAMA(滋賀)
・Hotel & Resorts MINAMIAWAJI(兵庫)
・Royal Hotel 沖縄残波岬(沖縄)

同商品は、対象施設内のプールにて、14歳以上の宿泊者を対象としたサービスの一環として利用される。

大和リゾートにとって「SUBLUE」の体験型サンプリング導入は、大きなコストをかけずに宿泊者へのサービス満足度の向上をねらう良い機会となりうる。他のホテルには無い新たな付加価値や体験を提供するアイテムとして利用されることが期待される。

出典:ダイワロイヤルホテル

【関連記事】
D-CITYブランドが女性ターゲットに名古屋市中区で8月1日開業
コスモスイニシアが中長期滞在ホテルを上野に展開

関連記事