ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > チョイスホテルがスペインとラテンアメリカに2018年重点出店

チョイスホテルがスペインとラテンアメリカに2018年重点出店

投稿日 : 2018.11.01

海外

新規ホテル情報

コンフォートホテルなどのブランドで知られる米大手ホテルチェーンのチョイスホテルが初進出となるスペインとコロンビアを含めて、ブラジルやエクアドル、メキシコ、パナマなどスペイン・ラテンアメリカに2018年40ホテル5,000部屋の新規開業を行い、国際的なホテル展開を加速する。

チョイスホテルがスペインやラテンアメリカで2018年に開業する予定のホテルは以下の通り。

・スペインでは、同国のホテルオペレーターのSercotel社との連携により16施設のAscend Hotel Collectionがすでに開業され、2018年の年末までにさらに8施設のAscend Hotel Collectionが開業する見込み。

・ブラジルでは、チョイスホテルのマスターフランチャイズであるAtlantica Hotelsにより、3施設のSleep Inn hotelsと1施設のQuality Inn hotelが開業、さらに2018年の年末までに2施設のコンフォートホテルと1施設のClarion hotelおよび1施設のQuality Suites hotelが開業する予定。

・コロンビアでは、1施設のClarion hotelが開業し、さらに2施設のAscendが本年12月にはSercotel社との連携により開業する予定。

・メキシコでは、コンフォートホテルとSleep Innブランドの各ホテルの開業に加えて、コンフォートインホテルを1施設、本年12月に開業する予定。

・パナマでは、Sercotel社を通じて1施設Ascend Hotel Collectionが開業した。

・エクアドルでは、デベロッパーのReal Hotels & Resortsにより、同国2施設目となるAscend Hotel Collectionが開業。

チョイスホテルは、2018年内に以上の40施設をスペインとラテンアメリカで開業するほか、ホテル開発計画はさらに増加しており、チョイスホテル・メキシコでは不動産会社と連携して、2023年までに20施設のSleep Inn hotelsを開業する予定だという。

米ホテルチェーンで世界最大規模の客室数を誇るチョイスホテルが、各地のディベロッパーやオペレーターとの連携のもとで長期的な戦略のもとに、新規市場の開拓を急いでいる。

【合わせて読みたい】

コンフォートホテル高知、10月1日(月)オープン

チョイスホテルズ、西日本で新規開業ラッシュ

【本日、6月21日開業】「コンフォートホテル伊勢」ーチョイスホテルズが日本で相次ぎホテル開業
世界ホテル開発計画、ホテル・ブランド別トップ5ー国別トップ米国の全米都市別トップ5とは

関連記事