ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 1⽇1組、1泊100万円!四国・⼤洲城「キャッスルステイ」

1⽇1組、1泊100万円!四国・⼤洲城「キャッスルステイ」

投稿日 : 2019.10.30

愛媛県

ホテル関連ニュース

バリューマネジメントは、2020年4⽉より、愛媛県⼤洲市にある⼤洲城で1⽇1組、1泊100万円の⽇本初となる⽊造天守閣に宿泊できる城主体験「キャッスルステイ」を、⼤洲市、⼀般社団法⼈キタ・マネジメントと共に企画運営する。

11⽉8⽇(⾦)に公開セレモニーと実証実験を開催

出典:バリューマネジメント

同事業は、「愛媛県⼤洲市の町家・古⺠家等の歴史的資源を活⽤した観光まちづくり連携協定」に基づく、愛媛県⼤洲市との官⺠連携事業。

⼤洲城ならびに城下町に残る町家・古⺠家等の歴史的資源を活⽤した観光産業の確⽴の実現の取り組みのひとつで、まちづくりに重点を置いた持続的な地域経済循環と経済波及を促進することを⽬指している。

観光庁においては、城郭での宿泊体験を「城泊(しろはく)」としてモデル化し、全国への横展開も計画されている。

今回の実証実験は同事業が、⼤洲城の⽂化財としての価値の担保や構造的な安全性、衛⽣⾯の安全性などの確保ができるか確認することと、地域住⺠に同事業への理解を深めてもらう機会を提供することを⽬的にしているという。

同事業は⼤洲城の観覧時間が終了する17時から翌朝9時までの時間帯で、春秋の期間を中⼼に年間約30⽇間の期間限定で運営を予定している。

オープンに先がけ、2019年11⽉8⽇にセレモニーとともに実証実験を⼀般公開する。

公開セレモニーでは城主体験プランの乗⾺で⼊場、鉄砲隊による演武、伝統芸能の披露など様々な演出を⾏う。

出典:バリューマネジメント

【公開実証実験 概要】

⽇時:2019年11⽉8⽇(⾦) 16:40〜21:00
場所:⼤洲城 愛媛県⼤洲市⼤洲903番
スケジュール:
16:00〜 受付開始
17:00〜 ⼊城シーン
16:40〜 セレモニー開会式
17:30〜 城内内覧説明開始
18:00〜 伝統芸能披露
19:00〜 ⼣⾷開始
19:15〜 関係者インタビュー開始
21:00  終了

参加者:
特別ゲスト 伍代夏⼦氏
⼤洲市 ⼆宮隆久市⻑
内閣府地⽅創⽣推進事務局 辻庄市審議官
観光庁観光地域振興部観光資源課 河⽥敦弥課長
バリューマネジメント(株) 他⼒野淳 代表取締役 等

【同施設 概要】
所在地 :⼤洲城 愛媛県⼤洲市⼤洲903番
構造表記:⽊造四層四階建て
延べ床⾯積 :667.69㎡(重⽂櫓含む)

出典:バリューマネジメント

愛媛県⼤洲市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、⼤洲市には宿泊施設が28、部屋数にして462室が提供されている。

新規開業予定は確認できなかった。

客室数トップ5は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

日本初、常設の「城泊」施設が平戸に2020年夏登場

「HOTEL CULTIA 太宰府」2019年10⽉4⽇開業

「NIPPONIA HOTEL ⽵原 製塩町」2019年8月1日開業

観光物流プラットフォーム「Tour Base」へ共同出資

関連記事