ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > CARAVAN JAPAN、カンボジア・シェムリアップに進出

CARAVAN JAPAN、カンボジア・シェムリアップに進出

投稿日 : 2018.11.19

海外

新規ホテル情報

多拠点居住の実現を掲げる株式会社CARAVAN JAPANは、カンボジア・シェムリアップに海外初拠点となる「CARAVAN BLANK」をオープンする。ゲストハウスとして、学生や若者、旅人に優しい宿として運営し、大学生には宿泊費を無料で提供。2018年12月1日プレオープン、2019年1月12日本オープン。

出典:CARAVAN JAPAN

学生や若者、旅人に優しい宿、サッカーチームと連携

シェムリアップは、カンボジアの首都プノンペンから北西へ約320km離れた場所にあるカンボジア第2の都市として栄える街。
世界的に有名な世界遺産「アンコールワット(アンコール遺跡群)」のある街であり、観光の拠点都市として発展を続けており、アンコール遺跡公園やトンレサップ湖などの主要観光地へは、全てシェムリアップを拠点に観光するのが一般的。また、シェムリアップ自体にも観光客向けのナイトマーケットやパブストリートなどの見所もあり、旅行客が絶えない。

海外初拠点となる同施設は、顧客の旅を最大限にバックアップ出来る体制を整え、泊まることだけに留まらない複合施設として運営。旅人、旅行者、在住日本人、カンボジア人、全ての人が集まる活気ある場として機能することを目指す。

シェムリアップ中心部に位置(旧クロマーヤマトゲストハウスを改修)し、カプセル型ドミトリー24ベッド、個室8部屋を有する。全室クーラー完備で、WiFi環境を充実させる。収容人数は50名ほどで、バックパッカー1人の個人利用から学生団体などの団体利用にも対応する。

Co-living型の宿泊施設としても機能し、宿泊しながら仕事もこなせるよう、コワーキングスペース併設のコモンスペースを新たに増設(2019年4月完成予定)。ノマドワーカー(IT機器の利用で時間や場所にとらわれない働き方)にも集中して作業することができる宿泊施設を目指す。

日本食レストランや世界遺産アンコールワット周辺をまわるツアーなども主催する。

また、本田圭佑選手がオーナーのカンボジアのサッカーチーム「ソルティーロ・アンコールFC」と提携し、ソルティーロアンコールFCの観戦ツアーなどを用意。また、ゲストハウスを横断幕やサインなどで装飾しサポーターと選手の交流の場として提供する。

ゲストハウスは、学生や若者、旅人に優しい宿として運営。そこで、大学生には宿泊費を無料にて提供(現在は大学生限定。無料提供できる年齢の幅を順次拡大予定。)。若者の集まる、人気で活気あるゲストハウスを目指していく。

出典:CARAVAN JAPAN

【合わせて読みたい】

マリオットがカンボジアの不動産企業と提携、アジア太平洋地域で事業拡大へ

関連記事