ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > アパホテル〈秋葉原駅北〉2020年10月開業

アパホテル〈秋葉原駅北〉2020年10月開業

投稿日 : 2019.05.15

東京都

新規ホテル情報

アパグループは、5月14日、アパホテル〈秋葉原駅北〉(東京都台東区台東一丁目239番1・7 (地番))の計画地において起工式を執り行った。構造・規模は鉄骨造・地上14階建、全181室。2020年10月の開業を予定している。

「秋葉原」駅より徒歩5分、台東区 第10弾ホテル 

アパホテル〈秋葉原駅北〉は、JR山手線・JR京浜東北線・JR総武線・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレスの5線が乗り入れる「秋葉原」駅より徒歩5分、東京メトロ銀座線「末広町」駅や東京メトロ日比谷線「仲御徒町」駅より徒歩6分という、複数路線・複数駅が利用できる至便な立地となる。また「秋葉原」エリアでは、アパホテル〈秋葉原駅前〉とアパホテル〈秋葉原駅電気街口〉の2棟・254室が現在運営中であり、訪日外国人の観光スポットとしても人気があることなどから、ビジネスやレジャーに適したホテルとなる。

構造・規模は鉄骨造・地上14階建、全181室。設計は株式会社四季建築設計事務所、施工は京成建設株式会社、デザイン監修は株式会社辻本デザイン事務所が担当し、2020年10月の開業を予定している。

出典:アパグループ

神事後の挨拶にて、アパグループ株式会社 代表取締役社長 元谷 一志氏は、「今回起工式を迎えるアパホテル〈秋葉原駅北〉は、アパホテル〈秋葉原駅前〉、アパホテル〈秋葉原駅電気街口〉に続くドミナント戦略に基づいた進出となり、当ホテルは秋葉原エリアの基幹店になると期待できる。現在、アパグループでは2020年3月末までに客室10万室を目指して事業を展開しているが、秋葉原の街を繁栄させるため、工事の安全に留意して、一丸となって本計画を進めていきたい。」と述べた。

東京都台東区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、東京都台東区には宿泊施設が325、部屋数にして20,962室が提供されている。

新規開業予定は58施設、部屋数にして5,206室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

トップ10のうち、実に4施設がアパホテルとなっている。

【合わせて読みたい】

アパホテル〈上野 稲荷町駅北〉本日2019年4月19日開業

アパホテル〈博多駅西〉2020年12月開業、博多駅前集中展開

アパ日本再興財団、第12回「真の近現代史観」懸賞論文募集

アパホテルプライド〈国会議事堂前〉3月19日(火)開業

アパホテル、大阪で西日本最大規模のタワーホテル開発を発表

「アパホテル〈上野広小路〉(仮称)」2020年6月開業予定

関連記事