ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ANAインターコンチネンタル石垣リゾート、新館3棟を7月7日開業

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート、新館3棟を7月7日開業

投稿日 : 2020.07.09

沖縄県

新規ホテル情報

エメラルドグリーンの海と白い砂浜の絶景ビーチを望む「ANA インターコンチネンタル石垣リゾート」は2020年7月7日、2009年に開業した「オーシャンウィング」「コーラルウィング」の敷地内に新しく建設した新棟「クラブインターコンチネンタル」1棟と「ベイウィング」2棟の新館3棟を開業した。

同日開業したのは、既存2棟の西側にあり、中央のレセプションエリアを中心に東西に羽を広げるように建てられた「ベイウィング」2棟と、さらに西側に建設された「クラブインターコンチネンタル」の計3棟。

リゾート全体の客室数はこれまでの255室からほぼ2倍の全458室となり、総面積31ヘクタール(東京ドームの約 6 倍)の広大な敷地に5つの棟、9つの料飲施設、4 つの宴会・会議施設、4つのプール(屋内外)などを有する国内屈指のラグジュアリーリゾートへと生まれ変わった。

新たなラグジュアリーの扉を開いた ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのコンセプトは、「豊かな自然と文化が根付いた島で心の琴線に触れる、出会いと発見に満ちたラグジュアリーリゾート」。

【ANA インターコンチネンタル石垣リゾート 概要】
所在地:沖縄県石垣市真栄里 354-1
アクセス: 南ぬ島 新石垣空港 車・タクシーで約20分、石垣港 離島ターミナルより 車・タクシーで約10分

メトロエンジンリサーチによると、石垣市には宿泊施設が357、部屋数にして5,538室が提供されている。新規開業予定は4施設、部屋数にして554室が新たに供給されている。同ホテルは458室で同市内最大の宿泊施設となった。

【合わせて読みたい】

IHGが衛生基準を新定義「クリーンプロミス」立ち上げ

ヨコハマ グランド インターコンチ『ハーバースイート』改装

IHG、ニューカレドニアに初進出、2021-24年に3ホテル開業

InterContinental Yokohama Pier 8、10月31日(木)開業

【沖縄離島対決】宮古島 v 石垣島 ホテル展開状況

関連記事