ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ANAがアリペイ決済を中国域内の空港に導入

ANAがアリペイ決済を中国域内の空港に導入

投稿日 : 2019.11.26

海外

ホテル関連ニュース

ANAでは、本日2019年11月26日(火)搭乗分より、キャッシュレス決済「アリペイ(Alipay、支付宝)」を中国域内の空港に導入し、顧客の利便性や体験価値の向上を目指す。

アリペイは、今や現金に代わる電子マネーとして中国の顧客の生活に根付いた決済手段となっている。

今回、悪天候などの理由による中国発着便の欠航・遅延に伴い発生する補償の受け取り方法にアリペイを追加することで、より簡単便利に電子マネーを受け取ることが可能となり、空港での待ち時間の大幅な短縮を実現するという。

導入開始日:2019年11月26日(火)の搭乗分より

対象空港:北京首都国際空港、上海浦東国際空港、上海虹橋国際空港

対象便:北京・上海を発着するANAグループ運航の国際線

対象の顧客:アリペイアプリ登録済の顧客

アリペイアプリによる電子マネー受け取り方法 (顧客操作)

出典:ANA

【合わせて読みたい】

リーガロイヤルホテル広島、スマートフォン決済を導入

リーガロイヤルホテル小倉が「QRコード」システム導入

東横INN全国内店舗で6ブランドのスマホQRコード決済導入

ホテル京阪がQRコードを使ったチェックインシステムを導入

関連記事