ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > リーガロイヤルホテル広島、スマートフォン決済を導入

リーガロイヤルホテル広島、スマートフォン決済を導入

投稿日 : 2019.11.21

広島県

インバウンド

リーガロイヤルホテル広島は、11月20日よりよりPayPay株式会社が提供するバーコードを活用した実店舗でのスマートフォン決済サービス「PayPay(ペイペイ)」の導入をレストラン・バー8店で開始した。

11月20日よりレストラン、宿泊・宴会・婚礼は順次導入予定

同ホテルが導入するPayPayは、店舗ごとのQRコードをアプリで読み取るユーザースキャン方式。

経済産業省がキャッシュレス・ビジョンとして2025年にキャッシュレス決済比率40%を目標に掲げていることや、昨今の日本におけるキャッシュレス決済の普及を捉え、現金、クレジットカードに続き、キャッシュレス決済を導入することで、決済手段の選択肢が増え、顧客の利便性向上に繋がることから導入を決定したという。

また、PayPayは12億人以上のアクティブユーザー数(グローバルパートナーを含む、2019年11月現在)を誇るスマートフォン決済サービス「Alipay(アリペイ)」と連動しており、キャッシュレス化が進んでいる海外からの顧客にもレストラン・バーで利用ができ、ホテルでの滞在がより便利で快適になると考えているとのこと。

この度、レストラン・バーで先行して利用可能となり、今後、宿泊・宴会・婚礼でも利用できるよう導入予定。また、その他キャッシュレス決済サービスも順次導入するという。

【合わせて読みたい】

リーガロイヤルホテル広島、新総料理長に豊田光浩氏就任

リーガロイヤルホテル小倉が「QRコード」システム導入

東横INN全国内店舗で6ブランドのスマホQRコード決済導入

ホテル京阪がQRコードを使ったチェックインシステムを導入

経産省、QRコード決済で不正流出したクレジットカード情報の不正利用防止ガイドライン

関連記事