ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > アマンレジデンス 東京と新ブランドのホテル「ジャヌ東京」が虎ノ門に誕生へ

アマンレジデンス 東京と新ブランドのホテル「ジャヌ東京」が虎ノ門に誕生へ

投稿日 : 2021.02.23

指定なし

新規ホテル情報

2023年、虎ノ門・麻布台地区に、アマンの姉妹ブランドとなるラグジュアリーホテル、「ジャヌ東京」が開業する。

森ビル株式会社が、2023 年の開業に向けて推進中の大規模都市再生事業「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」にて、世界有数のスモールラグジュアリーリゾートとホテルを擁する「アマン」とのパートナーシップにより、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」と、アマンの姉妹ブランドとなる日本初進出のラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」を開業する。
A街区最上部(54階ー64階)に誕生する全91戸の「アマンレジデンス 東京」は、ホテルブランデッドレジデンスとしてエクスクルーシブなサービスを提供するほか、居住者専用の1400㎡ものアマン・スパも備えている。

B-2街区低層部(1階 ー13階)には、アマンの姉妹ブランドであり、モダンで遊び心のあるホテル、「ジャヌ」が誕生。サンスクリット語で「魂」を表す「ジャヌ」は、ユニークなアプローチにより、より人間らしい関わり合いや、個人と社会がよりよく繋がるための「ソーシャル ウェルネス」に重きを置いた体験を提供するそうだ。

約120室のホテルには、スパトリートメントやジムを備えた国内最大規模となる約3500㎡のスパやを併設。ゲストは都心でリラックスしながら、自分のウェルネスを追求できる。

また、多様なシーンで利用できる6つのレストランやカフェ、バーなども備える。

アマンはラグジュアリーで非日常的な体験のできる、プライベートなリゾート・コレクションとして1988年に創設されて以来、初のリゾートとして誕生したプーケット島のアマンプリから、世界各地へと進出している。

森ビル株式会社が手掛けるこの 虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 は、アークヒルズに隣接し、六本木ヒルズと虎ノ門ヒルズの中間にある。文化とビジネスの両方の個性を備えたエリアに立地するこのプロジェクトは、森ビル株式会社がこれまでの「ヒルズ」で培ったすべてを注ぎ込み誕生させるとしている。

合わせて読みたい
  • ホテル龍名館「ホテル 1899東京」新橋...

  • マリオット・インターナショナルより高層ブ...

  • 日比谷線新駅の名称を「虎ノ門ヒルズ駅」に...

  • 2027年、東京駅前に全室高さ300m超...

関連記事