ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > エールフランス、特別チャーター便、成田-トゥールーズ間

エールフランス、特別チャーター便、成田-トゥールーズ間

投稿日 : 2018.12.05

指定なし

ホテル関連ニュース

エールフランス航空は日仏160周年を記念し、2019年5月14日に日本初となる成田発トゥールーズ行き特別チャーター便を運行する。この企画はエールフランス航空、フランス観光開発機構、ワールド航空サービスの共同ツアー企画として実現した。

出典:france.fr

ばら色の街トゥールーズ、風光明媚な8つの世界遺産

エールフランス航空は日仏160周年を記念し、2019年5月14日に日本初となる成田発トゥールーズ行き特別チャーター便を運航。今回のチャーター便オーナーはワールド航空サービス。

チャーター便の機材はボーイング777-300全296席、4クラスでファーストクラスのラ・プルミエール4席、ビジネスクラス58席、プレミアムエコノミークラス28席、エコノミークラス206席。成田国際空港を13時35分に出発し、トゥールーズには現地時間同日の20時5分に到着予定。

この企画はエールフランス航空、フランス観光開発機構、ワールド航空サービスの共同ツアー企画として実現。さらに、フランスのオクシタニー地方圏議会とオクシタニー地方観光局が全面的なサポートをしている。オクシタニー地方観光局では遠距離市場の中で日本を優先市場と位置付け2016年より精力的なプロモーションを展開するほか、今年6月には地方圏議会議長キャロル・デルガ、同副議長ナディア・ペルフィーグの来日により、同企画の実現へと進展した。

フランス南西部のオクシタニー地方には、ばら色の街トゥールーズを始めピレネー山脈と地中海が織り成す風光明媚な人気の観光地や、ポン・デュ・ガールやガヴァルニー圏谷、アルビ、カルカッソンヌなど8つの世界遺産がある。ツアーの2日目には参加者全員を招待してトゥールーズ市内にあるオクシタニー地方議会庁舎で歓迎レセプションが予定されている。直行チャーター便特別企画として南西フランス、スペインとバスク地方、アルザス地方などを巡る魅力的な9つのツアー旅行をワールド航空サービスが発案した。

日本初となる特別チャーター便の運航に関して、エールフランス航空KLMオランダ航空日本支社長、ステファン・ヴァノヴェルメール氏は次のように語った。「1日最大4便の日本発パリ行きの通常運航便に加えて、この度関係者の方々のご尽力のおかげで初めて日本発特別チャーター便を運航することになり、大変嬉しく思います。成熟した日本市場ではフランスの魅力的な地方都市を含む、よりテーラーメードでハイクラスなツアー旅行の需要が高くなっています。」

フランス観光開発機構総裁のクリスチャン・マンテイ氏は次のように述べた。「日本のお客様はフランスの地方と文化遺産への関心が高い。そんなお客様の期待に応え、フランス旅行の選択肢が広がるチャーターフライトの運航を心から歓迎します」。

日本とフランスは、両国の外交関係樹立を可能にした1858年10月9日の日仏修好通商条約調印から160周年を迎え、記念イベントが両国で多数開催されている。

【合わせて読みたい】

オテル・ド・クリヨン、フランスホテル格付け「パラス」認定

欧州ホテル新規開発続く、ブランド・国・都市別ランキング

仏ホテル組合がAirbnbを不公正競争で告訴

フランスに初進出、東横インの海外展開戦略ー東横INNマルセイユ サン シャルル駅前

フォションがパリでホテル業界に初参入〜京都への進出も視野に

アコーホテルズがモーベンピック ホテルを買収

関連記事