ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > Airbnbトレンド予測 2019年

Airbnbトレンド予測 2019年

投稿日 : 2018.12.19

海外

バケーションレンタル

Airbnbは昨年1年間の予約データに基づき、2019年の宿泊先トレンド予測を行った。ユニークで個性的な宿泊先で、自然とのつながりを求める旅行者が増えている。

Airbnbは、ミニマリストや、テクノロジー断捨離といった新しいライフスタイルへの関心の高まりに合わせ、こじんまりとしたタイニーハウスや、星空を眺めるドームハウス、自給自足の農村の暮らしを体感できる納屋や、羊小屋(シェパードハッツ)への予約数が最も増加すると予想。

タイニーハウス(125%)*

2019年に最も人気が高まると予想されるのが小型の住宅。ミニマルなライフスタイルを望む旅行者が居心地良く過ごせる、スタイリッシュでこじんまりしたスペースを提供。最低限の持ち物で訪れ、「断捨離」のきっかけにもなる。

 出典:Airbnb

*( )内の数字は2018年の前年比予約率。

納屋 (110%)

世界中から本物の自給自足のライフスタイルを体験したい旅行者や、せわしない都会生活の喧騒から離れて田舎の風景を楽しみたい旅行者が、農業体験や田舎の納屋の雰囲気を味わえる宿泊先としてファームステイを選択するようになっている。

 出典:Airbnb

ドームハウス (107%)

他にはないデザインと機能的な居住スペース両方を兼ね備えたこだわりの家がゲストの人気を集めている。ゆったりとした寛ぎだけでなく、星空を見上げたり、まるで別世界に滞在しているかのようなインスタ映えする写真を撮影して共有することができる。

 出典:Airbnb

その他、グランピングでもっとのんびり過ごしたい旅行者の間で、英国やフランスの田舎でよくみられるような羊小屋(シェパードハッツ)の予約が増えている。モバイルデバイスから離れ、こうした質素な家でデジタルデトックスできることも人気の理由になっている。

【合わせて読みたい】

住宅宿泊協会(JAVR)が2019年1月設立

SHIがAirbnb Partnersに参画、民泊×マンスリー

Airbnbと京都造形芸術大学が包括的連携

MOSHI MOSHI ROOMS 第1弾原宿「SAKURA」開業

Airbnb公認、デザイン住宅が西日暮里に誕生

関連記事