ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

新潟県 

  • アパが新潟駅前万代エリアに東日本最大のホテル&マンション

    新潟県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2020.05.21

    アパグループは、新潟駅前万代エリアにてアパホテル&リゾート〈新潟駅前大通〉(1001室)及びザ・プレミア〈新潟駅 万代〉(212邸)(新潟県新潟市中央区万代5丁目地内)の起工式を行った。同社によると、ホテル&マンションの一体開発としては、ホテル(室数)・マンション(邸数)で東日本最大級。

  • 新潟・上越「タカダキャッスルホテル」コロナ倒産

    (有)タカダキャッスルホテル(新潟県上越市仲町4-5-7、設立1953年10月、資本金300万円、従業員9名)は4月21日、事業を停止し事後処理を弁護士に一任した。新型コロナで利用客が激減、事業継続を断念した。同社はタカダキャッスルホテル(新潟県上越市仲町4丁目5-7、23室)を運営していた。

  • 総合衣料品卸の高倉商事が破産、新潟県初のコロナ関連倒産

    高倉商事(株)(資本金2586万円、新潟県上越市東本町1-1-1、従業員21名)は、3月30日に新潟地方裁判所に自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。外出自粛の影響により得意先の小売店で売上が減少した。

  • 大江戸温泉物語が新潟県村上市の「夕映えの宿 汐美荘」を取得

    大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社は、本日1月9日、新潟県村上市にある『夕映えの宿 汐美荘』を取得した。

  • 「東横INN上越妙高駅西口」2020年3月30日開業

    新潟県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.12.05

    東横インは、新潟県上越市に「東横INN上越妙高駅西口」を北陸新幹線上越妙高駅西口から徒歩1分の好立地に2020年3月30日に開業する。上越市では新規開業が相次いでいる。

  • 経産省、台風第19号災害で被災中小企業・小規模事業者対策

    経済産業省は、令和元年台風第19号に伴う災害に関して、13都県315市区町村に災害救助法が適用されたことを踏まえ、被災中小企業・小規模事業者対策を行う。

  • 観光庁「宿泊事業における特定技能外国人材受入れセミナー」

    入管法改正で新たな在留資格として「特定技能」が創設。宿泊業も受け入れ対象分野となり、外国人材の言語等の強みを活かしたサービス向上や労働力不足解消が期待される。観光庁は10月31日から来年2月10日、全国10都市、計12回「宿泊事業における特定技能外国人材受入れセミナー」を開催。

  • 調理師のためのハラール研修、全国10カ所で開催

    公益社団法人調理技術技能センターは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、旅館・ホテルにおけるハラール需要が高まるなか、日本における調理の特性を考慮しながら、ハラールに対応できる知識や技術についての研修(厚生労働省国庫補助事業)を全国10会場で開催する。

  • 観光庁、宿泊施設の生産性向上ワークショップ開催

    観光庁では、売上げを増やしたい・客数を増やしたいと考えている全国の旅館ホテルの幹部層を対象に、全国5地域でマーケティングの基礎知識、顧客価値の分析、サービスの改善を学ぶワークショップを開催する。

  • アパホテル〈新潟〉2019年8月1日開業

    新潟県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.08.01

    アパホテルは、有限会社昌商事とフランチャイズ契約を締結し、同社運営のホテルリッチ新潟をアパホテル〈新潟〉(全84室)と改称して本日8月1日(木)に開業した。