ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

島根県 

  • 西日本最大級のスキー場やホテル運営の瑞穂リゾートが倒産

    日本最大級のスケールを誇るスキー場で宿泊施設(40室)もある「瑞穂ハイランド」(島根県邑南町)を運営する瑞穂リゾート(株)(資本金1000万円、広島市西区南観音7-16-15、従業員24名)と複数のホテル運営を行う瑞穂商事などの3社は、3月31日に事業を停止し、自己破産申請の準備に入った。

  • パソナJOB HUBとJTB、 “離島“と“都市部”人材マッチング

    パソナJOB HUBとJTBは、都市部の複業希望者と離島の事業者とのマッチングを行うサービス『島で、未来に恋しよう』を、島根県隠岐郡海士町(あまちょう)などの離島をフィールドとした実証事業としてオファーの提供を含め本格実施。働き方改革や感染症対策としても離島ワークは注目。

  • 山陰で訪日外国人向け「観光型MaaS」実証事業

    JTBなどが参画する山陰地域観光MaaS協議会は、観光型MaaSの実証事業として、鳥取県全域と島根県東部の路線バスや私鉄などが3日間乗り放題となる訪日外国人向けの交通パス「TRANSPORT PASS」の販売を開始、香港便で米子鬼太郎空港に到着した訪日外国人に同パスをPRするセレモニーを実施。

  • 国交省「地方鉄道の誘客促進事例集」28の事例を公表

    国土交通省では、各鉄道事業者や地方公共団体の参考となることを目的に、地方鉄道を核とした誘客促進の取組や、鉄道事業再構築事業者における経営改善の取組について、鉄道事業者へのヒアリング調査を実施し、「地方鉄道の誘客促進事例集」として取りまとめた。

  • ホテルルートイン益田、2019年5月24日開業

    島根県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.06.06

    ルートインは、萩・石見空港まで車で約10分の島根県益田市あけぼの西町に、「ホテルルートイン益田」(188室)を2019年5月24日(金)開業した。島根県益田市ホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • 中国・四国9県連携復興プロモーション

    中国・四国地方9県(広島県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県)及び3DMO(せとうち観光推進機構、山陰インバウンド機構、四国ツーリズム創造機構)で連携し、「元気です!中・四国」をキャッチフレーズに、「中国・四国9県連携復興プロモーション」を開始。

  • 訪日客向け旅程作成サービス 「Trip Blender」提供開始

    ジョルダン株式会社は、訪日外国人旅行者をターゲットにしたルート案内ソリューション「乗換案内Visit」において、11月13日(火)より、二次交通を利用した旅程作成サービス「Trip Blender(トリップブレンダー)」の提供を開始した。

  • WBF「13府県ふっこう周遊割」ツアー、新規開業情報

    WBFホールディングス傘下のホワイト・ベアーファミリーは国が交付する「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」の対象となる地域への「13府県ふっこう周遊割」ツアーを実施。中国・四国地方への落ち込んだ旅行需要の早期回復を図る。新規開業が相次ぐホテルWBFの開業予定と合わせてお伝えする。

  • 島根県2017年、宿泊客観光客微減、外国人宿泊客増加

    2017年の島根県の観光入込客延べ数は3,230万人で、前年比2.5%減少。宿泊客は宿泊客延べ数は、368万泊で、前年比0.1%減少。外国人宿泊客は6.8万泊で10.1%増加した。県はご縁の国しまねのプロモーションに取り組む。島根県の宿泊施設展開状況と合わせてお送りする。