ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 記事一覧

記事一覧

  • 日本が世界観光機関(UNWTO)の理事国に再選

    観光に関する国連専門機関であるUNWTOの第23回総会がロシアで開催され、日本のUNWTO理事国の再選が決定した(任期は2019-2023年)。

  • 東京観光財団「デジタル化による観光産業の行方」

    東京観光財団(TCVB)は、「観光×デジタル~デジタル化による観光産業の行方~」と題するセミナーを2019年10月30日(水)14:00~16:55 (受付開始 13:30)、渋谷区の笹塚アキチ!ツナガルラウンジ(笹塚テラス地下1階)にて開催する。

  • G20観光大臣会合ピッチコンテスト、ビジネスマッチングも

    北海道

    インバウンド

    投稿 : 2019.09.17

    観光庁は、「観光×テック」をテーマとしたピッチコンテストを10月1日に開催。22か国108件の応募の中から厳選の20団体が出場。観光分野の課題を解決する技術やサービスの内容を競い、特に革新的な3団体は、10月26日のG20観光大臣会合に登壇する。

  • 千葉県内各地の観光施設、順次再開も依然休館施設も多く存在

    千葉県内では台風15号の被害により一時休館していた施設が順次再開しているものの、17日現在においても市原市、千葉市、袖ケ浦市、君津市や館山市などの県内各地の観光施設において臨時休館が依然として続いている。台風15号による、17日現在の主な観光施設の休園・休館は以下の通り。

  • 観光庁、災害時情報提供アプリ「Safety tips」11言語に拡大

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2019.09.17

    観光庁では、訪日外国人に対して緊急地震速報、津波警報、気象特別警報等をプッシュ型で通知できる災害時情報提供アプリ「Safety tips」を監修。対応言語を4か国語から11か国語に拡大し、より多くの国・地域から訪れる外国人に対して、災害時情報を多言語で発信できる仕組みを構築した。

  • 国交省「台風15号に係る鉄道の計画運休に関する検討会議」

    国土交通省では、台風15号における計画運休を振り返るため、全国の鉄道事業者や気象庁を集めた会議を開催し、台風15号における各鉄道事業者の計画運休の対応や今後の課題等について意見交換を行う。

  • 台風15号被害、千葉県が避難所として活用可能な施設情報提供

    千葉県は台風第15号による停電に伴い、災害救助法が適用されたことから、県が千葉県旅館ホテル生活衛生同業組合と締結した「災害時における宿泊施設等の提供に関する協定」に基づき、避難所として活用可能な施設情報の提供を始めた。

  • ヨコハマインターコンチ×横美「絵画とフレンチのデュオ」

    ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルのフランス料理「アジュール」では、横浜美術館で開催される「横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」展(2019年9月21日-2020年1月13日)にあわせたスペシャルコースを10月1日から提供する。

  • 京都ホテルオークラ、SAYOKO HIRANO個展「いのちの音」

    京都ホテルオークラは2019年10月1日(火)~10月31日(木)に2階回廊にて、京都国際映画祭2019連携企画として、アーティスト 平野早依子氏の個展「いのちの音」を開催する。

  • 「ダイワロイヤルホテルD-PREMIUM金沢」10月1日開業

    石川県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.09.17

    大和ハウスグループの大和リゾート株式会社は、2019年10月1日、金沢の伝統様式や工芸などを取り入れた都市型ビジネスホテル「ダイワロイヤルホテルD-PREMIUM金沢」(177室)を開業する。