ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > パシフィコ横浜で2020年度に大型国際会議が過去最多10件

パシフィコ横浜で2020年度に大型国際会議が過去最多10件

投稿日 : 2020.01.29

神奈川県

インバウンド

横浜市では、2020年度に2020年JCI世界会議横浜大会や第17回世界内視鏡外科学会など大型国際会議(会議参加者数1,000名超)がパシフィコ横浜にて過去最多となる10件開催される。

これは、横浜市、(公財)横浜観光コンベンション・ビューロー、(株)横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)が連携し、誘致助成金を活用するなど日本側主催者の誘致活動を支援したものであり、長いものでは約9年前より誘致活動を行い、ついに会議開催の年を迎えるという。

横浜市としては、みなとみらい21地区では、パシフィコ横浜ノースやホテル、音楽ホールが次々開業し、MICE機能がさらに充実しており、今後も、これまでのAPECやアフリカ開発会議などの開催実績や横浜のMICE開催の優位性などをアピール。

経済波及効果の高い中大型の国際会議や医学会議等に加え、IoTなどの成長分野の会議等をターゲットに誘致活動を積極的に進めていくという。

出典:YCVB

【合わせて読みたい】

「パシフィコ横浜ノース」国際会議など誘致100件に到達

パシフィコ横浜ノース、ケータリングを横浜みなとみらいホテル2社に

観光庁、第1回 MICE 参加者のブレジャー促進連絡会

パシフィコ横浜が国内MICE施設で16年連続で1位に

JNTO「国際会議主催者セミナー」2月26日開催

第1回横浜グローバルMICEフォーラム、2020年2月20日開催

関連記事