ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ヤマトシステム開発・日本ホテル、宿泊先ホテルの免税適用

ヤマトシステム開発・日本ホテル、宿泊先ホテルの免税適用

投稿日 : 2018.11.17

東京都

インバウンド

ヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発とJR東日本グループの日本ホテルは、訪日外国人が来日前に専用WEBサイトで商品を予約し、宿泊先のホテルで購入・ 受け取ることで免税適用を可能とする日本初のサービスの実証実験を実施。

出典:ヤマトシステム開発・日本ホテル

サイト予約商品を宿泊先ホテルで購入・受け取り、免税適用可能に

ヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発株式会社とJR東日本グループの日本ホテル株式会社は、訪日外国人が来日前に専用WEBサイトで商品を予約し、宿泊先のホテルで購入・ 受け取ることで免税適用を可能とする日本初のサービス「eTaxFree-Japan TaxFree Online Shopping」の実証実験を11月20日から実施する。

実証実験の第一段としては、訪日外国人に人気が高く、クロスボーダーマーケティングに積極的に取り組む資生堂ジャパンの実証実験商品予約専用サイト上の商品を対象とする。

現行の消費税免税制度において免税適用を可能にするためには、実店舗で購入することが条件であり、WEBサイトで購入した商品を受け取ることはできても、免税対象とすることはできない。

同サービスでは、訪日外国人が「eTaxFree」サービスに対応した専用WEBサイトから、希望する商品を訪日前に予約し、輸出物品販売所(免税店)の許可を受けたホテルが「予約商品を仕入れ」、顧客へ「販売・受け渡し」を行うことで、商品を免税対象とすることができる。

実施期間は、2018年11月20日(火)~2019年5月31日(金)で、ホテルメトロポリタン エドモントホテルメトロポリタン 丸の内が実施場所。

実施概要図

出典:ヤマトシステム開発・日本ホテル

【合わせて読みたい】

政府が訪日客の消費税免税拡大ー7月1日からの税制改正、さらなる電子化施策等も予定

ドンキ/ホテル開発でインバウンド需要の囲い込みへ【前編】

ドンキ/ホテル開発でインバウンド需要の囲い込みへ【後編】

関連記事