ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ウェスティン都ホテル京都、新客室・レストランが改装開業

ウェスティン都ホテル京都、新客室・レストランが改装開業

投稿日 : 2019.10.08

京都府

ホテル関連ニュース

ホテル内レストラン

ウェスティン都ホテル京都は先行オープンしている東館92室に加え、新たに161室(東館55室、本館106室)と、レストラン4店舗、バー1店舗を11月27日(水)から順次リニューアルオープンすることとし、10月10日(木)から予約受付を開始する。

「Queen of Elegance(クイーン オブ エレガンス)」

出典:都ホテルズ&リゾーツ

ホテル全体のリニューアルデザインコンセプトは、京都エリアで「気品ある女王」として、国内外にその名を轟かせたいという想いを込め、「Queen of Elegance(クイーン オブ エレガンス)」とした。

ホテル館内は、日本を代表する建築家である村野藤吾氏の優美さや曲線美を継承するとともに、新しい時代にふさわしい設えやサービスを加え、ラグジュアリー層に満足されるホテルとした。

リニューアル概要は以下のとおり。

出典:都ホテルズ&リゾーツ

同ホテルはリニューアルオープンを記念して、同ホテル自慢のスイートルームを最大約60%OFFの価格で楽しめる、お得な宿泊プランなども用意する。

【合わせて読みたい】

ウェスティン都ホテル京都が大規模リニューアル

近畿・都ホテルズ「都シティ 東京高輪」2019年2月11日開業

「都ホテル 博多」2019年9月22日開業

シェラトン都ホテル大阪、12階フロア客室リノベーション

関連記事