ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 戸建宿泊施設「浮世庵 青戸」2019年10月1日開業

戸建宿泊施設「浮世庵 青戸」2019年10月1日開業

投稿日 : 2019.09.18

東京都

バケーションレンタル

「茶室」をはじめとする日本建築の設計・建築を行なう株式会社オアシス巧房は、インバウンド旅行者向けの戸建宿泊施設「浮世庵 青戸」を2019年10月1日(火)に開業する。

45m2で9名宿泊できるコンパクトホテル

出典:オアシス巧房

オアシス巧房は、機能的かつ合理的な日本建築「茶室」をはじめとする数寄屋造りの住宅建築をこれまで手掛けてきた。日本建築が古来受け継いだ技を現代に活かし、旅行者に宿泊を通じて、日本の歴史、日本の文化、日本の伝統を感じ、そして楽しんでもらうことをコンセプトにコンパクトホテル「浮世庵(UKIYOAN)」をプロデュースしたという。

『浮世庵 青戸』は、日本の伝統的な美の象徴「浮世絵」のエンターテメイント性を存分に生かした宿泊施設にした。無人施設セルフチェックインサービス、フロントスタッフを最小限にしたローコストオペレーションで運営。

木造2階建45m2のコンパクトホテルで最大9名まで宿泊できる。まるまる貸し切りのためグループ旅行や家族旅行にもお勧めだという。宿泊費は1人当たりに換算すると3,000円程度のためビジネスホテルや旅館と比べると経済的となる。

部屋には冷蔵庫とIHキッチンがあり、食器、調理器具など一式揃っているので長期滞在にも便利。旅慣れた人は、旅行中ずっと外食しているのは経済面ではもちろん健康面でもあまり良くないことを知っている。キッチン付きで自由に調理ができれば、その点を気にすることなく旅行を満喫できるという。

自炊ができ、長期滞在も可能なコンパクトホテルでの宿泊は、まるで現地に暮らしているような気分になれるのが最大の魅力と言える。

出典:オアシス巧房

【施設概要】

名称:浮世庵 青戸

所在地:東京都葛飾区青戸5-4-1

アクセス:京成本線「青砥」駅徒歩6分

開業:2019年10月1日

建物規模:木造2階建(敷地面積:38.29m2 延床面積:45.36m2)

収容人数:最大9名

出典:浮世庵 青戸

東京都葛飾区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、葛飾区には宿泊施設が30、部屋数にして1,056室が提供されている。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

東京23区ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年7月)

「泊まれる本格宮大工建築」お花茶屋森谷邸、11月16日開業

東京23区マンション価格上昇率ランキングー東高西低に

関連記事