ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > UDSが2020年5月末、ソウルにホテル アンテルーム開業

UDSが2020年5月末、ソウルにホテル アンテルーム開業

投稿日 : 2019.03.20

海外

新規ホテル情報

UDS株式会社は2020年5月末、韓国現地法人 韓国UDSを通じて、韓国ソウル・江南地区カロスキルにホテル アンテルームを開業する。

UDSが国内で手がけるホテルブランドを海外へ初展開

出典:UDS

2018年6月に設立した韓国の現地法人 韓国UDS株式会社とUDSが連携して企画、設計、運営を行う同ホテルは、UDSグループにおいて中国「MUJI HOTEL BEIJING」に次ぐ2つ目の海外直営ホテルとなり、UDSグループが国内で展開してきたホテルブランドを海外へと展開する初のプロジェクトとなる。

ホテル アンテルームは、2011年京都にて「アート&カルチャー」をコンセプトにUDSが開業したホテル。2020年には沖縄・那覇でも開業を予定しており、いずれもUDSが企画から設計、運営まで手がける形で展開している。

「アンテルーム(Anteroom)」とは「次の間」や「待合室」を意味し、ホテルに訪れる人々がまちへ出るための支度をする心地良い場所になるようにと名付けられた。

館内にはギャラリーやレストランを併設し、地域の「今」を表現するアート&カルチャーが集まることで、まちに新たな賑わいを創出してきた。今回はそのアンテルームブランド初の海外展開として、韓国のトレンド発祥地として国内外から感度の高い人々が集まる人気エリア・カロスキルにおける新築ホテルとして開業する。

ホテル アンテルームはこれまで人が集まる中心地から少し離れた場所で展開してきたが、今回は初となるアーバンタイプのホテル。観光で訪れる人とローカルの人の交流が生まれるよう、屋上にはカロスキルのまちを見渡せるルーフトップバーのほかギャラリー等、宿泊だけではない価値を提供するホテルとして企画。韓国を中心にアジアから集まるアートとソウルのリアルタイムなカルチャーを感じられる場所として、まちに新たなシーンを創出する事を目指す。

同プロジェクトにおいても「ホテル アンテルーム 京都」の開業当初よりパートナーである、彫刻家・名和晃平氏率いるクリエイティブ・プラットホーム「SANDWICH」がアートディレクションを手がける。

【同ホテル 概要】

名称:(仮称)ホテルアンテルーム ソウル カロスキル
所在地:江南区新沙洞561-19
アクセス:シンサ駅から徒歩5分
開業予定:2020年5月末予定
予定客室数:112室
付帯施設:ギャラリー、レストラン、ルーフトップバー
敷地面積:338.3平米、建築面積:171.39平米、延床面積:3,670.5平米
規模:地下4階、地上19階、構造:鉄筋コンクリート造
企画設計:UDS株式会社、韓国UDS株式会社
運営:韓国UDS株式会社
施工:EAN R&C

韓国UDSは中国に続き2か国目となるUDSの海外現地法人で、UDS100%出資子会社として2018年6月韓国に設立された。UDSが日本で培ってきたまちに新しい価値を生み出す企画、設計、運営ノウハウを活かし、ホテルや住宅、複合型施設の事業企画、設計、運営を通じて韓国でのまちづくりを展開する。

UDSグループでは、人口減少時代を迎える日本の環境を背景に、これまで日本で長年培ってきた、まちに新しい価値を生み出す企画、設計、運営ノウハウを活かし、今後も中国や韓国、スリランカ等海外での事業展開を推進していくという。

【合わせて読みたい】

「東横INN大邱東城路」2019年5月3日開業

東横イン「東横INNソウル東大門2」11月23日開業

Relux、韓国初のホテル・レストラン予約アプリと提携

Peachと韓国の東横INNがコラボ企画

藤田観光が今秋ホテルグレイスリー浅草を開業、今夏ソウル出店もー同社の業績からその背景と展望を探る

関連記事