ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新潟県赤倉「次井旅館」の破産手続き開始が決定、負債額は3億5000万円

新潟県赤倉「次井旅館」の破産手続き開始が決定、負債額は3億5000万円

投稿日 : 2020.08.18

新潟県

ホテル関連ニュース

新潟県妙高市赤倉で宿泊業を営む「有限会社次井旅館」が2020年8月6日、新潟地裁高田支部から破産手続き開始決定を受けた。東京商工リサーチ高田支店によると、負債総額は推定3億5000万円。元々経営難にあったが、コロナ事態が加わったことで、経営破綻した。「リゾートホテルアルプ」は他社経営により、営業が継続している。

出典:リゾートホテルアルプ

「有限会社次井旅館」は1937年創業、1954年5月に法人化、妙高高原赤倉温泉において老舗旅館「次井旅館」を経営していた。また1991年(平成2年)には、敷地内に「リゾートホテルアルプ」を建設し、以降は同施設のみの経営となっていた。赤倉スキー場を訪れるスキー客をターゲットに、1980年代後半のスキーブームの際には、1億円台後半の年商を計上したこともある。

しかし、スキーブームの終焉、近年の少雪によってスキー客が減少、さらに景気後退の影響を受け、業績は低迷。低収益が続いていた2005年(平成17年)には、妙高市から代表所有不動産に差押登記がされていた。資金繰りが限界に達し、今年2月に県外業者が本店不動産を取得。同時に「次井旅館」は事業を停止し、精算処理を進めていた。

社長の次井雪雄氏は、父親から引き継いだ旅館を経営しながら、長年にわたり地元でのスキー振興に従事。また、妙高・赤倉一帯は海外スキー客も多く訪れインバウンド需要も高いが、赤倉温泉区長として赤倉に来る人たちを温かく迎え入れて地域の活性化に寄与してきた。

有限会社次井旅館(新潟県妙高市、資本金500万円、次井雪雄社長、従業員3名)の破産管財人には原野聖子弁護士(弁護士法人つばき上越つばき法律事務所、上越市本)が選任されている。財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和2年11月16日午前10時。事件番号は令和2年(フ)第62号。

合わせて読みたい
  • SK産業(旧・味匠)が破産、負債総額30...

  • チャイニーズカフェ「果香」運営のRITが...

  • ファーストキャビンが東京地裁に破産手続き...

  • 【HMIグループ】加賀温泉郷の2旅館の全...

関連記事