ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > triplaチャットボット「グランドメイフルホテル台北」に導入

triplaチャットボット「グランドメイフルホテル台北」に導入

投稿日 : 2019.10.09

海外

ホテル関連ニュース

triplaは、2019年10月9日より、同社が開発・提供する多言語AIサービス「triplaチャットボット」を、台湾の「グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店)」に導入する。韓国とグアムに続き3ヶ国目となる海外宿泊施設への導入となる。

同社にとって台湾における初の導入先となる「グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店)」は、世界トップレベルの施設やサービスを提供するラグジュアリーホテルに与えられる「ワールドラグジュアリーホテルアワード」を、2016年オープンながら2年連続受賞(2016年度・2017年度)したラグジュアリーホテル。

フロントスタッフは対面による接客に集中しながらも、ホテルの公式ホームページを見て各国から寄せられる電話やメールでの数多くの問合せに迅速に対応するため、多言語AIサービス「triplaチャットボット」を導入。

「triplaチャットボット」は、宿泊施設に寄せられる問合せに対して多言語AIがチャット回答を行うサービスで、顧客は「グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店)」の公式ホームページ上にて24時間いつでも好きな時間に、日本語・英語・韓国語・中国繁体字・中国簡体字の五言語で宿泊前の疑問を解消することができる。

同社は、「triplaチャットボット」の導入により、フロントスタッフの電話やメールへの対応工数を大幅に削減し、業務効率化に貢献するとともに、「グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店)」と顧客の宿泊前の円滑なコミュニケーションをサポートする。

【合わせて読みたい】

多言語AIサービス「triplaチャットボット」国内500施設導入

triplaが提案するホテルのおもてなしと売上向上の秘策とは

東急ホテルズ、台湾の3大学とインターンシップ協定を締結

奄美大島の訪日客誘致、日台の国立大学と地元企業の産学連携

関連記事