ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > トリップアドバイザー「日本の城ランキング 2018」

トリップアドバイザー「日本の城ランキング 2018」

投稿日 : 2018.08.21

兵庫県

ホテル関連ニュース

トリップアドバイザーは、投稿された口コミをもとに「旅好きが選ぶ!日本の城ランキング 2018」を発表。兵庫の「姫路城」(白鷺城)が三連覇、2位は京都「二条城」。3位は愛媛「松山城」となった。姫路市のホテル出店状況と姫路城の集客状況を合わせてお送りする。

姫路城、二条城、松山城がトップ3
第6回目となる今回は、11の城と9の城跡がランクイン。トップに選ばれたのは、2016年、2017年に引き続き日本の城として、初めてユネスコ世界遺産に登録された「姫路城」(兵庫県姫路市)。2009年から続いていた大修理が2015年に終わり、「白鷺城」の異名にふさわしい真っ白な城壁が公開されたこともあり、ここ数年高い人気を集めている。
2位に選ばれたのは、昨年から 3 つ順位を上げた「二条城」(京都府京都市)。
3位には昨年同様に「松山城」(愛媛県松山市)がランクイン。4位には真っ白な姫路城とは対照的な「烏城」こと「松本城」(長野県松本市)が選ばれた。

城跡トップは岡城趾、山中城趾が初登場
城跡のなかで最も順位が高かったのは、5位の「岡城阯」(大分県竹田市)。「岡城阯」は18 位だった昨年に比べ13位もランクアップ。現在は石垣を残すのみだが、滝廉太郎「荒城の月」のモデルとなった城として知られる。
また、15位には「山中城跡」が初登場した。山中城はかつて、小田原城の支城として北条氏康によって築城された城。石を使わず土と掘で構成された全国的に珍しい山城で、北条氏独特の技術が用いられた「障子堀」や「畝掘」が見ものとなっている。
難攻不落で知られた山中城は、1590年天下統一を目指す豊臣秀吉の小田原攻めの前哨戦として行われた山中城の戦いによって圧倒的な兵力の前にわずか半日で落城したことで知られるが、現在では史跡としてだけでなく、ハイキングコースとしても評価する声が多く見られた。
圧倒的な知名度を誇る名古屋城は意外にもランキング初登場で、16位に留まった。
トップ20は以下の通り。

出典:トリップアドバイザー

(評価方法)
同ランキングは、2017年6月~2018年5月の 1 年間に日本の城(城跡含む)に投稿された全ての口コミの評価(5段階)点、口コミの投稿数などをもとに、トリップアドバイザーが独自のアルゴリズム(算出法)で集計したもの。

姫路市ホテル出店状況
メトロエンジンリサーチによると、連覇中の姫路城が所在する兵庫県姫路市には宿泊施設が90、部屋数にして5,415提供されており、姫路市の部屋数は兵庫県内においては神戸市(宿泊施設:189、部屋数:14,090)に次いで2位となっている。
山陽新幹線の姫路駅周辺に宿泊施設が集中して展開しており、姫路駅から姫路城までは徒歩15分ほどの近距離にある。
新設ホテルとしては、「ホテルリブマックス姫路駅前南」(193室、兵庫県姫路市豊沢町144)が2018年11月15日に開業を予定している。

姫路城の客数は年々減少、プラスアルファが必要か
トリップアドバイザーでは日本の城として人気トップの姫路城だが、姫路市の統計指標によると、姫路城を訪れる観光客は、2015年度には287万人に達したが、2016年度には211万人(前年比26%減)、2017年度には182万人(前年比14%減)と毎年減少傾向を辿っている。
2015年3月に姫路城がリニューアル開業したため、一時的に急増したことが背景としてはあるが、持続的な観光客の獲得にはプラスアルファの観光需要の発掘が求められると言えるだろう。

【関連記事】
トリップアドバイザー「外国人に人気の日本の観光スポット 2018」ー広島宿泊施設出店状況
8月1日開業!神戸「PEANUTS HOTEL」オリジナル商品続々
第100回夏の甲子園開催直前!西宮のホテル出店・客室在庫状況
小田原城あじさい花菖蒲まつりが6月開催ー小田原のホテル稼働状況と合わせて

関連記事