ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 2019年延べ宿泊5億4,324万人泊で前年比+1.0%も12月減少

2019年延べ宿泊5億4,324万人泊で前年比+1.0%も12月減少

投稿日 : 2020.02.28

指定なし

ホテル統計データ

観光庁は宿泊旅行統計調査において、2019年の年間値を発表した。

同調査によると、2019年の延べ宿泊者数(全体)は5億4,324万人泊(前年比+1.0%)であった。

日本人延べ宿泊者数は4億4,180万人泊(前年比-0.4%)。外国人延べ宿泊者数は1億143万人泊(前年比+7.6%)となり、調査開始以来の最高値であった。

出典:観光庁

2019年の客室稼働率は全体で62.1%で前年比+0.9%あった。施設タイプ別では、シティホテル(79.4%)、ビジネスホテル(75.4%)であり、リゾートホテル(58.6%) 、旅館(39.5%)はともに、2010年の調査対象拡充以降の最高値となった。

出典:観光庁

ただし、2019年12月の延べ宿泊者数(全体)は、4,210万人泊で、前年同月比-4.3%であった。日本人延べ宿泊者数は12月、前年同月比-4.5%。外国人延べ宿泊者数は12月、 780万人泊で、前年同月比-3.3 %であった。

12月の客室稼働率も全体で57.6%で前年同月比-1.0%となった。

【合わせて読みたい】

11月の延べ宿泊者数は4,563万人泊、前年同月比+0.8%

10月延べ宿泊者数4,648万人泊、前年同月比-0.2%

9月延べ宿泊者数、4,666万人泊、前年同月比+5.0%

8月延べ宿泊者数5,886万人泊、前年同月比-1.4%

関連記事