ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 11月の延べ宿泊者数は4,563万人泊、前年同月比+0.8%

11月の延べ宿泊者数は4,563万人泊、前年同月比+0.8%

投稿日 : 2019.12.26

指定なし

ホテル統計データ

観光庁は宿泊旅行統計調査の2019年10月(第2次速報値)及び11月(第1次速報値)の調査結果を取りまとめ、これを発表した。

出典:観光庁

10月の延べ宿泊者数(全体)は、4,540万人泊で、前年同月比-2.5%であった。また、11月の延べ宿泊者数(全体)は4,563万人泊で、前年同月比+0.8%であった。

日本人延べ宿泊者数は、10月は、前年同月比-5.0%の3,643万人泊であった。 また、11月は前年同月比-0.4%の3,752万人泊であった。

外国人延べ宿泊者数は、10月は、897万人泊で、前年同月比+8.8%で、10月としては調査開始以来の最高値であった。また、11月は前年同月比+6.7%の812万人泊であった。

10月の延べ宿泊者全体に占める外国人宿泊者の割合は19.8%に達した。

国籍別のランキングは以下の通り。

出典:観光庁

10月の国籍(出身地)別外国人延べ宿泊者数は、第1位が中国、第2位が台湾、第3位がアメリカ、第4位が香港、第5位がイギリスで、上位5ヵ国・地域で全体の58.7%を占めた。

伸び率でみると、ラグビーW杯の影響により、イギリス(前年同月比+162.4%)等が大幅に拡大した。

他方で韓国は前年同月比-66.1%の大幅減少で7位となった。

出典:観光庁

10月の客室稼働率は全体で62.9%であった。また、11月は全体で65.1%であった。

また10月の都道府県別では東京都が81.1%でトップ。2位に大阪府が78.4%で続いた。広島県が74.2%で3位に入った。

4位は福岡県(72.1%)、5位は千葉県(71.3%)となり、上位5都道府県は、前年同月と同一であった。

6位は神奈川県(70.5%)、7位は京都府(70.1%)、8位埼玉県(68.4%)、9位は青森県(68.2%)、10位に愛知県(67.1%)が続いた。

【合わせて読みたい】

10月延べ宿泊者数4,648万人泊、前年同月比-0.2%

9月延べ宿泊者数、4,666万人泊、前年同月比+5.0%

8月延べ宿泊者数5,886万人泊、前年同月比-1.4%

7月延べ宿泊者数4.903万人泊、前年同月比+4.0%

関連記事