ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京都初分散型ホテル 「エンソウアンゴ」10月15日開業

京都初分散型ホテル 「エンソウアンゴ」10月15日開業

投稿日 : 2018.10.16

京都府

新規ホテル情報

アンゴホテルズ株式会社は、京都の中心地、京都市下京区に5つに点在する新しいコンセプトホテル、「ENSO ANGO(エンソウアンゴ)」を2018年10月15日(月)に開業した。ヨガや座禅、京都おばんざい教室、畳作り体験などの地域と交わる文化交流プログラムを開催する。

5棟でひとつの京都初分散型ホテル

エンソウアンゴは、京都の中心市街地、四条通と五条通にはさまれた麩屋町通、富小路通、大和大路通に建つ5棟のホテルの総称。

5棟すべて、内田デザイン研究所がディレクションを手掛け、町に溶け込むシンプルな外観で統一し、それぞれが異なる施設と客室タイプをもち、日比野克彦氏を初めとする様々なアーティストがオリジナルの環境をつくりあげた。5棟は、町とつながりながら、相互利用を可能とし、全体でひとつのホテルを成す。

「ENSO ANGO」の文化交流プログラム

人と人、出会いと出来事は無限の可能性を秘めており、多様な出会いと縁を結び続けることで、その可能性を追求していきたい。ブランド名のエンソウ(円相)に込められたそんな想いを体現するのが、エンソウアンゴの「文化交流プログラム」。

5棟に分散するホテルを巡る中で、観光客のレイヤーと生活者のレイヤーの枠を超え、地域と交わり、その土地・地域に暮らすような目線から見える旅の体験や出会いにふれ、発見する旅の楽しみを同プログラムがサポートする。

具体的にはヨガや座禅、京都おばんざい教室、畳作り体験などのプログラムが開催される。

また、同ホテルは、スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(世界80カ国以上、520を超える小規模独立系かつ高級で個性的なホテルで構成されたホテルブランド)の加盟ホテルブランドとして、京都で初めて選ばれた。

出典:アンゴホテルズ

【同ホテル概要】

・ENSO ANGO FUYA I〈麩屋町通I〉

客室数:16室

住所:京都市下京区麩屋町通綾小路下る俵屋町298

・ENSO ANGO FUYA II〈麩屋町通II〉

客室数:86室

住所:京都市下京区麩屋町通高辻上る鍋屋町241-1

・ENSO ANGO TOMI I〈富小路通I〉

客室数:29室

住所:京都市下京区富小路通高辻上る筋屋町152

・ENSO ANGO TOMI II〈富小路通II〉

客室数:75室

住所:京都府京都市下京区富小路通高辻下る恵美須屋町187

・ENSO ANGO YAMATO I〈大和大路通I〉

客室数:23室

住所:京都府京都市東山区大和大路通四条下る大和町18

出典:アンゴホテルズ

 

関連記事