ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ザ・プリンス箱根芦ノ湖、本館東棟全客室をリニューアル

ザ・プリンス箱根芦ノ湖、本館東棟全客室をリニューアル

投稿日 : 2018.12.31

神奈川県

ホテル関連ニュース

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖は、日本を代表する観光地である箱根で、より多くの顧客に利用してもらえるホテルを目指し、本館(東棟45室・西棟46室)・別館(44室)の客室全135室のうち本館東棟全45室を2019年3月2日にリニューアルオープンする。

出典:ザ・プリンス 箱根芦ノ湖

本館東棟客室全45室の改装でリニューアルが完了

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖は、2017年3月に別館客室全44室の機能性を強化する改装や、ランチブッフェを楽しめるグリルレストランを新設。

また、2018年3月に国内外のエグゼクティブ層ならびに小グループのインバウンド、さらに3世代・ファミリー層の取り込みを強化するため、本館西館客室全46室を改装し、一部客室を2名定員から3名定員に変更するなど、顧客の多様なニーズに応えるための施設強化を図ってきた。

出典:プリンスホテル

今回の本館東棟客室全45室の改装は本館西棟客室改装に続くものであり、これにより2017年から行ってきたザ・プリンス 箱根芦ノ湖の一連のリニューアルが終了する。

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖は、国内有数のリゾート地である箱根での、滞在価値向上を図り、さまざまな顧客のニーズに応える。

【ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 概要】

所在地:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根144

アクセス:「小田原駅西口⇔ザ・プリンス箱根芦ノ湖」シャトルバス(無料)

客室数:91

出典:プリンスホテル

神奈川県箱根町ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、箱根町には宿泊施設が330、部屋数にして7,573が提供されている。

箱根町には、2019年には、IHGのホテルインディゴ箱根強羅(100室)や(仮称)小田急強羅ホテル(62室)などが相次いで開業を予定している。

【合わせて読みたい】

小田急、箱根・強羅に2019年8月新ホテル開業を発表

IHGがインディゴブランドで日本出店を相次ぎ発表

プリンス、全社で使い捨てプラスチック製ストロー廃止

プリンス「ジャガー」「ランドローバー」レンタルサービス

関連記事