ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > グローバルエージェンツ「THE LIVELY福岡」7月開業

グローバルエージェンツ「THE LIVELY福岡」7月開業

投稿日 : 2019.02.13

福岡県

新規ホテル情報

グローバルエージェンツは、ホテル事業として全国で7棟600室のブティックホテル、ライフスタイルホテルを運営。この度、福岡県博多市に新しいライフスタイルブランドとなる「THE LIVELY(ザ ライブリー)福岡」を2019年7月開業する。

福岡初の「ライフスタイルホテル」

出典:グローバルエージェンツ

福岡市は国内でも屈指の成長マーケットであり、2017年の延べ宿泊者数は1,800万人を突破し過去5年で1.3倍に増加、中でも約15%を占める外国人延べ宿泊者数は過去5年で4.8倍と大きな伸びを見せている。

さらにMICEについては全国で東京に次いで政令指定都市としては8年連続1位という開催規模を有し、出張と観光の双方において有力な都市。

今後は福岡空港の滑走路の増設も予定されており、ますます成長していくことが期待されている。

一方、供給としては宿泊主体型ホテルが大半であり、宿泊以外の「体験」に価値の比重を置いたユニークなホテルはなく、THE LIVELYが福岡で初のライフスタイルホテルとなる見込み。

同社は、ライフスタイルホテル市場のフロントランナーとして、さらに市場を牽引していくべく、ホテルを「世界中から人と情報と機会が集まる場」と再定義し、THE LIVELYをより自由で、訪れる度に新たな発見に溢れるホテルにしていくことを目指す。

開業するのは、那珂川と博多川に挟まれた中洲に位置することに由来する日本でも随一の繁華街中洲エリア。

そんな博多の中心地にありながらも、同ホテルは中洲川端駅から、博多座、リバレインと同様、明治通りを挟んでワンブロック北側に位置するため圧倒的な利便性と喧騒から離れた雰囲気を兼ね備えた立地に開業する。

出典:グローバルエージェンツ

福岡市博多区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、福岡市博多区には宿泊施設が233、部屋数にして21,292室が提供されている。

新規開業予定は17施設、部屋数にして2,950室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

グローバルエージェンツがUNWIND HOTEL & BAR小樽を開業

グローバルエージェンツ、2019年海外含む全7棟810室開業

関連記事