ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「茶室ryokan asakusa」2019年7月20日開業

「茶室ryokan asakusa」2019年7月20日開業

投稿日 : 2019.07.17

東京都

新規ホテル情報

株式会社レッドテックが、花街の雰囲気が色濃く残る浅草観音堂裏エリア(奥浅草)でインバウンド向け「茶室ryokan asakusa(チャシツ・リョカン・アサクサ)」を2019年7月20日にソフトオープンする。

蘇る茶室、日本の情緒、エキゾチズムに没入できる空間

出典:レッドテック

浅草仲見世などの華やかな観光地の喧騒から少し離れ、生活者が息づき、花街の香りが色濃く残る奥浅草に都心の草庵として現代に蘇る茶室ryokan。露地に見立てたエントランス、足湯のできる待合、にじり口を彷彿とさせる小さな扉から入る客室など茶室の構成要素をモチーフにした空間設計となっている。

全てデザインの異なる畳み敷きの客室は、天井を低く抑えたミニマルな空間は母胎回帰を連想させ包み込まれるような不思議な落ち着きと、コンパクトな空間には日本の居室文化の中で育まれた空間作りの工夫が詰め込まれている。

空間に奥行きを生む「手漉き和紙の障子」、「季節を感じさせる掛花」、「内と外を曖昧にする坪庭」、「風炉先屏風や襖、御簾など」、日本の間仕切り文化など空間工夫を体感できる。また、最上階には浅草スカイツリーを望む、露天風呂を設け、下町のシティビューを堪能できる。

建築デザインには自然と建築を一体的に捉えた設計によって国内外で高い評価を受ける建築家 前田圭介氏を迎え、「庭屋一如」の考え方から茶室、路地、坪庭といった日本らしさを現代的に解釈。“江戸らしさ”を感じる外部環境を内包した積層空間となっている。

出典:レッドテック

「客室タイプ」
・Cyashitsu Suite _ 茶室スイート(20-23m²)
家族やグループで泊まれる、二間続きの部屋。襖や御簾を上げ下げすることで空間を緩やかに仕切る間仕切り文化を体験できる。また、襖絵に広がるアートや風炉先屏風等調度品を揃えた部屋は一見の価値あり。
茶室スイート_襖(ふすま): 定員1-4名
茶室スイート_殿(でん): 定員1-4名
茶室スイート_杉(すぎ): 定員1-3名
価格: 33,000円〜

・Cyashitsu Asakusa _ 茶室浅草(11m²) *シャワールーム、洗面、トイレが付帯
シングルトラベラー、カップル、友人同士などにおすすめのもっとも茶室を感じられる部屋。必要最小限の広さにして、無駄のない空間工夫を楽しめる。
定員: 1-2名/価格: 20,000円-

・Cyashitsu _ 茶室(9-10m²) *共用トイレ
風呂は、館内6階の貸切露天風呂(予約制)またはシャワールーム(予約不要)を利用。
定員: 1-2名/価格: 18,000円-

・Ofuro Suite _ お風呂スイート(10m²)    *共用トイレ
東京スカイツリーや浅草の街を眺めることができる展望浴室が付いた部屋。風呂は街の空気や緑を感じられる露天風呂となっており、開放的な風呂と、静かな和室空間の両方を楽しめる。
定員: 1-2名/価格: 28,000円-

【同施設 概要】

所在地:東京都台東区浅草3丁目32−12
アクセス:地下鉄銀座線「浅草」駅、地下鉄浅草線「浅草」駅徒歩8分、つくばエキスプレス「浅草」駅 徒歩7分
敷地面積:85.97m²
建築面積:56.31m²
延床面積:336.57m²
客室構成:全10室  9.07m²〜23.48m²
付帯施設:ラウンジ(1階、16席)、貸切露天風呂1室

出典:レッドテック

東京都台東区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、台東区には宿泊施設が336、部屋数にして21,574室が提供されている。

新規開業予定は57施設、部屋数にして5,089室が新たに供給される見込み。

【合わせ読みたい】

東京23区ホテル展開状況(2019年7月)

ヒロマスホステルが東京・蔵前に2棟のホステルを新規開業

ホテル・ゼン・トーキョー、本日2019年3月22日開業

京都ブライトンホテル「寺院 早朝 坐禅、お勤め体験プラン」

関連記事