ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 客室タブレット「tabii」がIT導入補助金の対象ツールに

客室タブレット「tabii」がIT導入補助金の対象ツールに

投稿日 : 2019.05.29

指定なし

インバウンド

and factoryのホテル・旅館客室内タブレットサービス「tabii(タビー)」が、経済産業省が推進するサービス等生産性向上IT導入支援事業「IT導入補助金」においてIT導入補助金対象ツールに認定された。

月額利用料無料のタブレットサービスが初期導入費1/2で

出典:and factory

「tabii」は、月額無料で利用できる客室設置型タブレットサービス。ホテルや旅館内の案内やその土地ならではのグルメ・観光情報、音楽・エンタメ動画コンテンツなど豊富なコンテンツを取り揃えており、宿泊者の目的や趣味に応じた楽しみ方が可能。

旅の楽しみを増幅させる情報提供や滞在期間中の気分転換などにも利用できるサービスで、様々な顧客層に対して「客室価値の向上」を図ることができる。

また導入施設は、宿泊約款や施設案内、各種お知らせを電子化することでコストカットを図れるだけでなく、これまで電話や対面で対応していた宿泊者からの問い合わせの多くを「tabii」内のQ&Aチャットボットに置き換えることができ、施設のランニングコストを増やすことなく「業務効率化」を実現するもの。

「tabii」内で広告運用を行うことで、宿泊施設の月額利用費を無料で提供することを実現し、利用者にもコスト負担をかけることなく両者にとってメリットあるコンテンツと機能を提供できるモデルとなっている。

出典:and factory

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするもの。

この度「tabii」は宿泊施設の業務効率アップを図るツールとして2019年の「IT導入補助金」の対象サービスに認定された。

補助金を受けるためにはIT導入補助金のホームページから申請が必要となる。

これにより「tabii」を新規で導入した場合、導入費用の1/2(150万円未満)の補助金を受けることが可能になる。

【合わせて読みたい】

テクノロジーで宿泊業界を変える「and factory」の戦略とは

「&AND HOSTEL 」が浅草と三ノ輪に連続開業

スマートホステル「&AND HOSTEL」日経産業新聞賞受賞

and factoryと東京電力エナジーパートナーが提携

関連記事