ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「持続可能な観光」国際シンポジウム、奈良で開催

「持続可能な観光」国際シンポジウム、奈良で開催

投稿日 : 2019.01.18

奈良県

ホテル関連ニュース

観光庁は、世界観光機関(UNWTO)と協力し、奈良県と共催で2018年度「持続可能な観光」国際シンポジウムを、奈良市(2月4日~2月6日)で開催する。同シンポジウムには、国内外の観光関係者含め、約200名が参加予定。

地域に根ざした産業を観光素材として活用した未来の観光

国連において、昨年は「持続可能な観光国際年」と定められ、これを踏まえ、岡山市と三重県で開催都市の特性を活かした会場(ユニークベニュー)でのシンポジウムやレセプションが開催された。

本年も持続可能な観光に関する国内外の先進事例を共有・発信する国際シンポジウムを開催し、観光政策の推進に結びつける。

【同会議 概要】
テーマ:「地域に根ざした産業を観光素材として活用した未来の観光を考える」
日程:2019年2月4日(月)~ 2月6日(水)
会場:奈良春日野国際フォーラム「甍 –I・RA・KA-」
所在地:奈良市春日野町101(奈良公園内)

プログラム:

出典:観光庁

申し込みなどの詳細は公式資料参照のこと。

【合わせて読みたい】

観光庁「若者のアウトバウンド推進実行会議」開催

観光庁、第3回スポーツ文化ツーリズムシンポジウム

観光庁における障害者雇用状況、ゼロ人

「産学連携、観光産業の人材育成・強化・確保シンポジウム」

関連記事