ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > スーパーホテル「AI通訳・映像通訳」サービス導入

スーパーホテル「AI通訳・映像通訳」サービス導入

投稿日 : 2019.08.05

指定なし

インバウンド

スーパーホテルは、本日2019年8月5日より、同社が運営する店舗において(一部店舗のぞく)、訪日外国人観光客向けに多言語による「AI通訳」と「映像通訳」を導入する。

スーパーホテルは、訪日外国人観光客とのコミュニケーションの際に通訳サービスを導入し、ストレスフリーな環境整備を行う。

実施にあたっては、多言語コンタクトセンターを運営する株式会社インバウンドテックとの協業により、体制整備と対応力の強化を図る。

インバウンドテックが運営する「AI通訳」は、クラウド上で学習を続ける人工知能による相互リアルタイム会話翻訳により63言語に対応している。また「AI通訳」でカバーしきれない対応については11言語対応のオペレーターで有人通訳を行う「映像通訳」でバックアップするハイブリッド通訳サービス。

有人通訳を行う「映像通訳」の対応言語は英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語・ベトナム語・タイ語・タガログ語・フランス語・ネパール語と日本語含めた11言語で携帯電話などを介して日本語検定1級相当のオペレーターが通訳を行う。

【合わせて読みたい】

スーパーホテルPremier帯広駅前 、2019年8月8日開業

スーパーホテル 「エコひいき」キャンペーン

静岡県が『テレビde通訳』『電話de通訳』を導入

多言語対応接客サービス、滋賀県長浜の高級ホテルに導入

関連記事