ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ストリングスホテル東京インターコンチネンタル、客室内でオリジナルカクテルを楽しめるプランを発表

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル、客室内でオリジナルカクテルを楽しめるプランを発表

投稿日 : 2021.09.02

東京都

宿泊プラン

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル(東京都港区)は、ジャパニーズクラフトジン「ROKU」を使用した日本の四季を感じる6種のカクテルコレクションを客室内で楽しめる宿泊プラン「Barルーム with ROKU」の販売開始を発表した。

(出典:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル)

外出先でお酒を楽しむことが難しい今、客室内で安心してカクテルを楽しんで欲しいという想いから生まれたこのプラン。桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子という日本ならではのボタニカルを使用したクラフトジン「ROKU」を使用した以下の6種類のオリジナルカクテルが、特製スタンドに飾られて提供される。

・【春】ROKUジンと桜のジントニックスタイル
・【初夏】桜葉 ROKUジンのモヒート
・【夏】山椒薫る ROKUジンとビール
・【秋】煎茶とROKUジンコネクション
・【晩秋】玉露とかぼちゃのミルク ROKUジンフィズ
・【冬】ROKUシトラス マティーニ

カクテルは、17:30~23:00で希望の時間にバーテンダーにより客室にお届けられる。グラスを通して美しい日本の四季が描かれるような「ROKU」のカクテルコレクションは、この宿泊プランの限定。料金は、プレミアキング2名宿泊の場合で38,000円〜。

(出典:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル)

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルでは、他にも密を避けた個室で食事を楽しめるプランを販売している。「プライベート・アフタヌーンティー」プランでは、季節ごとにテーマとメニューが変わるアフタヌーンティを客室で楽しめる。2021年9月は、「トラベル・アフタヌーンティー」と銘打つメニューで、フランス、香港、アメリカ、イタリア、日本、インドなど各国を代表するスイーツや軽食を楽しめる。

プライベート・アフタヌーンティーは月~木曜日の平日限定の開催で、2部制での提供となる。第1部は12:00~、第2部は16:00~で3時間制。料金は、1室1名あたり4名利用時9,800円、3名利用時10,500円、2名利用時11,800円、1名利用時15,800円(税・サービス料込)。キッズメニューは1名分2,200円の追加料金にて注文可能。

(出典:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル)

誕生日のお祝いや家族との集まりに最適なのはもちろん、ベビーカーの持ち込みやベビーベッドの用意も可能であるため、子供連れでのママ会などにもぴったりだろう。

合わせて読みたい
  • ストリングスホテル東京、長期滞在プラン「...

  • ストリングスホテル東京「シナガワ・ロング...

  • 「インターコンチネンタル沖縄美らSUNリ...

  • 「インターコンチネンタル横浜Pier 8...

関連記事