ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > スペースマーケットが客室以外のスペースで手間いらずと連携

スペースマーケットが客室以外のスペースで手間いらずと連携

投稿日 : 2018.11.20

指定なし

バケーションレンタル

スペースの時間貸しプラットフォームを運営するスペースマーケットは、 複数の宿泊予約サイトを一元管理する宿泊予約サイトコントローラーを運営する手間いらずとホテルの宿泊部屋以外の遊休スペースの時間貸し領域において連携を開始する。

ラウンジ、バンケット、結婚式場等の遊休スペースの活用

スペースマーケットは、あらゆるスペースの時間貸しプラットフォーム「スペースマーケット」を2014年4月にスタート。あらゆる場所を誰でも簡単に貸し借りできるようにすることで、「チャレンジを生み出し、世の中を面白くする」ことを目指している。

現在掲載されているスペース数は全国で1万件を越え、時間貸しプラットフォームサービスの中では掲載数において日本最大という。

手間いらずは、予約取得や客室在庫の調整を自動で行うことができ、複数の宿泊予約サイトを簡単に一元管理できるサービス「TEMAIRAZU」シリーズを運営し、宿泊予約コントローラーとしてはサイト連携数国内最大規模を誇り、宿泊施設のオーナーから面倒な予約管理業務を解放し、宿泊施設の稼働率と収益アップに貢献してきた。

一方でホテルの収益は、宿泊以外の占める割合も大きく、所有するラウンジ、バンケット、結婚式場等様々なスペースの稼働率を上げることが課題となっていた。
また、宿泊部屋においては多くの集客チャネルがあるが、宿泊部屋以外の遊休スペースについては集客チャネルが少なく、これらスペースの安定的な収益を作る方法も限られていた。

このような状況を捉え、1時間単位で誰でも簡単に貸し借りでき、様々なスペースの利用事例を生み出してきたスペースマーケットと、予約管理業務の効率化と宿泊施設の収益アップに貢献してきた手間いらずが、今回、宿泊部屋以外の遊休スペース活用で連携し、スペースマーケットで集客を、手間いらずで予約管理を実施する。

これにより、ホテルに対しては更なる収益化を実現し、また利用者に対してはホテルが持つ多様かつ良質なスペースが流通することで、これから本格化するパーティシーズンに新たな選択肢を提供する。

東京や大阪の物件を皮切りにスペースマーケットへの掲載を開始する。

【合わせて読みたい】

スペースマーケットが東京建物と資本業務提携

関連記事