ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「SORANO HOTEL」2020年5月12日開業

「SORANO HOTEL」2020年5月12日開業

投稿日 : 2019.09.30

東京都

新規ホテル情報

立飛ホールディングス及び、ホテルの経営、運営を担当する立飛ホスピタリティマネジメントは、東京都立川市内に建設中の「SORANO HOTEL(ソラノホテル)」の開業を、2020年5月12日(火)に予定。本日9月30日より予約受付を開始した。

屋上に温泉水のインフィニティプール、昭和記念公園を臨む

出典:立飛ホスピタリティマネジメント

「SORANO HOTEL」は、心にもからだにも健やかであること「ウェルビーイング」をコンセプトに、従来の枠にとらわれず新しいホテルの在り方を目指すという。

「ウェルビーイング」を求める機運が高まる中、新宿から30分ほどで慌ただしい日常から離れ、心身ともに心地よい寛ぎの時間と、食、スパ、温泉、エクササイズなどの様々なアクティビティを気軽に楽しむ「ウェルビーイング・ショートトリップ」という新しい旅のスタイルを提案。

全ての客室が52㎡以上のゆとりと、隣接する昭和記念公園を臨むバルコニーを備えている。また、最大の特徴である屋上のインフィニティプールでは、豊かな緑と広大な空を眺めながら、独自に掘削した温泉水を楽しむことができる。

インテリアデザインは、「GINZA SIX」を手がけた、グエナエル・ニコラ氏が担当。都心のすぐそばにあるリゾートという、新しいコンセプトを表現した空間で、東京にいながら、「東京」ではこれまでなかなか得ることのできなかった滞在体験を提供する。

「SORANO HOTEL」は、立川駅北側の約3.9万㎡の区画に、立飛ホールディングスが開発中の新街区「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」(2020年4月開業予定)内に開業。サービス料なし、4名まで宿泊エクストラベッドチャージなし、エコロジーファーストの視点で選び抜いた寝具・アメニティの採用など、従来のホテルの常識にとらわれない発想で、これからの時代の“心地よさ”を提供するという。

出典:立飛ホスピタリティマネジメント

全81室の客室が、52㎡以上のゆとりと、昭和記念公園に面したバルコニーを備えており、大きくとられた窓が一層の開放感をもたらす。ベッドの配置も、客室中央に窓に向かって置かれ、パークビューを楽しむための贅沢な空間遣いになっている。

出典:立飛ホスピタリティマネジメント

また、10階〜11階(屋上)の2フロアにまたがる「SORANO SPA(ソラノスパ)」の最大の特徴は、ルーフトップにある直線で約60m規模のインフィニティプール。

水平線と空が一体となったかのような圧倒的な開放感を味わうことができ、快晴の日には、富士山を眺めることもできる。

併設されたルーフトップバーでも、時間とともに移り変わる景観を楽しめる。温浴施設のインドアスパ、ジャクジー、ナノミストサウナ、ジムスタジオなどを備えた10階の施設ともに、独自に掘削した温泉水を使用。(両フロアとも水着着用)

出典:SORANO HOTEL

【同施設 概要】

所在地:東京都立川市緑町3-1 W1 ※2020年4月開業予定の新街区「GREEN SPRINGS」内
アクセス:新宿駅から立川駅までJR中央線(中央特快・青梅特快利用)で約25分、立川駅から徒歩8分
客室数:81室(全室52㎡以上)
インテリアデザイン:グエナエル・ニコラ(Gwenael Nicolas)/㈱キュリオシティ 代表
経営:㈱立飛ホスピタリティマネジメント (㈱立飛ホールディングス 100%子会社)
建物:地上11階、地下1階  

延床面積:13,251 ㎡
設計:山下設計・大林組設計共同体    

施工:㈱大林組

東京都立川市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、立川市には宿泊施設が35、部屋数にして1,872室が提供されている。

新規開業予定は2施設、部屋数にして190室が新たに供給される見込み。

新規開業は同ホテルの他に、立川グランドホテルが隣接した敷地に地上17階建、地下1階の推定109室のホテルを2020年6月に増築して開業する予定。

【合わせて読みたい】

東京23区ホテル展開状況(2019年7月)

「ポケトーク」が居酒屋「つぼ八」など18店舗で接客ツールに

東京都、Nature Tokyo Experience キックオフイベント

関連記事