ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ロワジール リビングスイーツ 瀬良垣」2019年7月開業

「ロワジール リビングスイーツ 瀬良垣」2019年7月開業

投稿日 : 2018.12.17

沖縄県

新規ホテル情報

全国で宿泊施設を展開するソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社では、ロワジールホテルブランドのリゾート・カジュアルラインとして「ロワジール リビングスイーツ 瀬良垣」を2019年7月10日に開業する。

キッチン・ランドリーが付いたコンドミニアムスタイルのホテル

ロワジールブランドは「その土地ならではの、上質なおもしてなし。忘れられない素晴らしい時間を、あなたに。」をコンセプトに、2018年12月現在、国内3ホテル、海外(韓国)1ホテルを展開。

新ブランドの「ロワジール リビングスイーツ」は名称のとおり、まるでその土地に「暮らす」かのように、自然体で愉しんでもらえる空間を提供するとともに、沖縄の方言である“ゆくる”(=「寛ぎ」)をコンセプトに掲げる。
「ロワジール リビングスイーツ 瀬良垣」は、那覇空港から車で約60分、沖縄県中部西海岸の恩納村に現在建築中で、全室にキッチン・ランドリーが付いたコンドミニアムスタイルのホテル。

5,000㎡超の敷地に、客室棟・プール棟の2棟の建物と115台の平面駐車場で構成され、客室は45㎡から最大94㎡とゆとりある居住空間を提供。また、プール棟にはリゾート感溢れるガゼボ付きのインフィニティプールを備えている。
顧客ターゲットは20~30代の若い家族連れ、35歳以下の女性・男性のグループを中心に、ライフスタイルにこだわりを持つ幅広い世代を想定。従来の高級リゾートホテルとは一線を画した、カジュアルでリラックスした休暇を楽しむ、「暮らす」ような滞在スタイルを実現。
ソラーレホテルズでは、沖縄県内に2つのホテルを運営しており、これまで培ってきた沖縄の宿泊マーケットのノウハウを活かし、新しいリゾートのかたちを提案する。

【ロワジール リビングスイーツ 瀬良垣 概要】
所在地: 沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣ギナン原1860番4他

アクセス: 一般道の場合、那覇空港から国道58号線へ出て北上し約90分。高速道路の場合、那覇空港最寄の豊見城・名嘉地ICより沖縄自動車道を利用し、屋嘉ICで一般道に出て、県道88号線を万座毛方面へ。約60分。

客室数:105

敷地面積: 5,411.78㎡
延床面積: 客室棟8,920.68㎡ プール棟653.22㎡
構造規模: 客室棟 地上7階建 プール棟 地上2階建
設計: 株式会社デザインスタジオ琉球楽団
内外装デザイン: 有限会社橋本夕紀夫デザインスタジオ
施工: 株式会社アイムホーム
開業日: 2019年7月10日予定

沖縄県国頭郡恩納村ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、沖縄県恩納村には宿泊施設が161、部屋数にして5,572が提供されている。

新規開業予定は同ホテルを含めて3施設、部屋数にして483の増加を見込んでいる。

【合わせて読みたい】

三井不動産、2019年夏恩納村に「ハレクラニ沖縄」開業

ハイアット日本初のビーチリゾート「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」が2018年夏オープン

関連記事