ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 品川プリンス、アネックスタワー高層階3フロアリニューアル

品川プリンス、アネックスタワー高層階3フロアリニューアル

投稿日 : 2019.04.05

東京都

ホテル関連ニュース

品川プリンスホテルは、エンターテインメント施設を備えるアネックスタワーの上層階30~32Fの客室83室を2019年4月8日(月)にリニューアルオープンする。

デジタルネイティブ世代を意識したデザイン

同ホテルは「ホテルの枠を超えたエンターテインメントタウン」としての進化を目指しており、アネックスタワーは映画館やライブホール、ボウリングセンターなど多くの施設を備えており、顧客の利用も多様化している。

これまでアネックスタワーは、全てダブルの客室だったが、レジャー需要をはじめ、ワーケーション(「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語)利用などで国内外に拠点を移動するデジタルネイティブ世代も取り込むべく、29室をツインタイプへ変更。

また、東京の景色を望みながら仕事やくつろぎの時間を過ごせるよう窓際にソファーシートを新設した。

また、客室やエレベーターホールには、幅広い分野で活躍するイラストレーター大川久志氏が“さまざまな人々が行き交いコミュニケーションが生まれる品川の街”をイメージした遊び心のあるデザインを取り入れた。

今後は更に、ロビーフロアにコワーキングスペースなど交流が生まれる空間を設け、8Fにジムを新設するなど、デジタルネイティブ世代を意識した新しいスタイルのホテルへとリノベーションを進めていく。

場所:品川プリンスホテル アネックスタワー(30~32F)
客室:ツイン(20.8㎡/29室) ダブル(20.4㎡/42室) キング(26.2㎡・25.7㎡/12室)
料金:ツイン 53,460円 ダブル 53,460円 キング 57,024円
※料金には、消費税・サービス料が含まれる。(宿泊税別) ※1室の正規料金

【合わせて読みたい】

プリンスホテルが品川駅近辺ホテルをリニューアル

グランドプリンスホテル新高輪、スイートルーム2室増室開業

グランドプリンスホテル新高輪、クラブラウンジリニューアル

次世代型宿泊特化ホテル「プリンス スマート イン 熱海」開業

関連記事