ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「SHARE HOUSE 180°金沢」2019年3月下旬開業

「SHARE HOUSE 180°金沢」2019年3月下旬開業

投稿日 : 2019.03.12

石川県

バケーションレンタル

愛知県名古屋市を拠点にコワーキングスペースや、英語、アウトドア、DIY、女性専用などコンセプト型シェアハウスの企画・運営を行う株式会社シェア180は、石川県金沢市に、元学生寮を利用し、23室のCo-living型シェアハウス「SHARE HOUSE 180°金沢」を2019年3月下旬に開業する。

Co-living型シェアハウス

出典:シェア180

Co-livingとは仕事をし、生活をする場所で、仕事スペースや交流スペースを兼ね備えた住居。共用部は、住人はもちろん、会員制で外部の利用も可能。Free Wi-Fiや会議室も完備され、フリーアドレスの仕事スペースとしての利用もできる。

住居と仕事場の充実を図り、人との交流も同時に設計することのできるコワーキングスペースが供えられたものが、Co-living型シェアハウス。

住人はもちろん、会員の外部の利用者との交流も持て、会議室やシェア本棚、居室は法人登記もでき、事務所としての利用も可能。さらに、プライベートや仕事に活かせるように毎週無料の英会話レッスンも用意する。

【SHARE HOUSE 180°金沢 概要】

名称:SHARE HOUSE 180°金沢

定員:23名(男女外国人可能)

オーナー・企画・運営:株式会社シェア180

工事:パナソニック コンシューマーマーケティング株式会社

設計:石本 輝旭(株式会社CURIOUS design workers 一級建築士事務所)

所在地:石川県金沢市石引三丁目

延床面積:498m2

間取り:計23室の鉄筋コンクリート造4階建シェアハウス

コワーキングスペースのみの会員料金:

月額、使用料:2,400円/月~3,400円/月

シェアハウス、事務所利用可能な個室の料金:

賃料、29,000円~39,000円/月

石川県金沢市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、金沢市には宿泊施設が238、部屋数にして11,792室提供されている。

新規開業予定は14施設、部屋数にして2,759室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

金沢市が宿泊税の課税を2019年4月1日宿泊分より開始

「三井ガーデンホテル金沢」2019年1月11日開業

「ホテルインターゲート金沢」2019年3月16日開業

「東急ステイ」が金沢・高山・函館で新規出店

関連記事