ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「三井ガーデンホテル金沢」2019年1月11日開業

「三井ガーデンホテル金沢」2019年1月11日開業

投稿日 : 2019.01.08

石川県

新規ホテル情報

三井不動産株式会社および株式会社三井不動産ホテルマネジメントは、「三井ガーデンホテル金沢」(所在:石川県金沢市上堤町1-22 客室数:158室)を、2019年1月11日(金)に開業する。三井ガーデンホテルは北陸エリアに初出店となる。金沢市ホテル展開状況と合わせてお送りする。

出典:三井不動産

金沢の伝統文化を現代的にアレンジ“金沢の新しい魅力”を発見

同ホテルは、金沢市街の中心エリアに立地し、金沢城・兼六園等の主要観光スポットからもほど近く、また、JR北陸本線「金沢」駅から徒歩圏内、北鉄バス「南町・尾山神社」停留所からは徒歩約2分という好立地で、観光・レジャーやビジネスの拠点として、便利に利用できる。

「三井ガーデンホテル」として、北陸エリア初出店となる同ホテルは、かつて町家だった地に、その趣を残しながら、伝統文化の美しさを現代的にアレンジし、金沢の新しい魅力を感じられる空間となっている。

三井不動産ホテルマネジメントは、現在、アッパーミドルクラスの宿泊主体型ホテルである「三井ガーデンホテルズ」(22施設・6,041室)と、ハイクラスの宿泊主体型ホテルである「ザ セレスティンホテルズ」(3施設・504室)を全国で計25施設・6,545室運営しており、同ホテルは、26施設目となる。

<同ホテルの特長>

・金沢市街中心エリアに位置し、主要観光スポットからも徒歩圏という絶好のロケーション

出典:三井不動産

・金沢の伝統文化を現代的にアレンジすることで生まれた優雅な空間と各所に配されたアート作品

出典:三井不動産

・伝統文化の魅力を細部にまで散りばめたこだわりの客室

出典:三井不動産

・金沢城公園の豊かな緑と城下町を望む最上階の展望風呂

出典:三井不動産

・石川県の食文化を発信する「能加万菜」とのコラボレーションにより生まれた美食のレストラン

出典:三井不動産

【三井ガーデンホテル金沢 概要】

所在地:石川県金沢市上堤町1-22

アクセス:北鉄バス「南町・尾山神社」停留所より徒歩約2分、JR北陸本線「金沢」駅より徒歩約17分

構造規模:鉄骨造 地上13階・地下1階

客室数:158

付帯施設:レストラン「万庭」(1階)・大浴場(13階)・中庭

石川県金沢市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、金沢市には宿泊施設が222、部屋数にして10,003が提供されている。

同市では2018年1月1日時点で189あった施設が33施設増加、部屋数でも2018年1月1日時点の9,630から1年間で373増加。

新規開業予定は11施設、部屋数にして2,076の増加を見込んでいる。

2015年の北陸新幹線の開通以降も、毎年で新規開業が続いている。

【合わせて読みたい】

石川県地価公示ー金沢はホテル開業ラッシュで高騰続く

なぜ新幹線の通らない福井にホテル業界が注目するのか?

老舗旅館が石川県粟津温泉で倒産続く

「ホテルインターゲート金沢」2019年3月16日開業

新ブランドホテル「アゴーラ・金沢」2019年秋開業

関連記事