ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 西武、東京から箱根・下田へ、ヘリコプター直行便提供

西武、東京から箱根・下田へ、ヘリコプター直行便提供

投稿日 : 2019.07.19

東京都

神奈川県

静岡県

ホテル関連ニュース

西武ホールディングスは、エアモビリティの交通プラットフォームを開発するAirXと協業し、7月27日(土)から、同社グループの下田プリンスホテル及びザ・プリンス 箱根芦ノ湖において、両ホテルの宿泊客を対象に、東京からヘリコプターで移動する新たなサービスを提供する。

新たなモビリティサービスの実現を見据えた実証実験

同社は毎夏、お盆や週末を中心に慢性的な交通渋滞が課題となるなか、同サービスを利用してもらうことにより、より短時間で目的地に到着できることに加え、快適なリゾートライフと、他では味わえない非日常の体験を提供したい考え。

同社は新規事業を創造するための専門部署「西武ラボ」を2017年4月に設立し、オープンイノベーションによる新規事業創出を進めている。本件は、オープンイノベーションプログラム「Biz Lab Accelerator 2017」にて採択したAirXとの協業により実証実験に取り組み、航空機イノベーションを見据えた次世代交通ビジネスに挑戦していくもの。

ヘリコプターでの移動は快適性、速達性に優れるものの、高額である点から敬遠されがちだったが、「空をより身近に活用できる世界へ」をミッションに掲げるAirX協力のもと、チャーター利用時に比べ最大1/5の料金での提供を実現した。

出典:西武ホールディングス

日時は、7月27日~9月8日(最少催行人員2名。天候不順等で欠航あり。)

東京ヘリポート(東京都江東区新木場4丁目7)から下田プリンスホテル(静岡県下田市白浜1547-1)及びザ・プリンス 箱根芦ノ湖(神奈川県足柄下郡箱根町元箱根144)を往復する。

同社グループでは、持続的かつ力強い成長に向けて新規事業の創出に向けて取り組んでおり、新たなモビリティサービスの実現に向け、今後も積極的にチャレンジしていくという。

【合わせて読みたい】

地方公共団体による空の移動革命に向けた構想発表会

“空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップ

「空飛ぶクルマ」の実現に向け、官民共同でロードマップ作成

楽天と西友、猿島へのドローン商用配送サービス提供

ファミマ、岡山県和気町でドローン活用荷物配送検証実験

関連記事