ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 札幌プリンス、まるでお肉!大豆と野菜で作るソイフード提供

札幌プリンス、まるでお肉!大豆と野菜で作るソイフード提供

投稿日 : 2019.03.12

北海道

ホテル内レストラン

札幌プリンスホテルは、2019年3月より、ブッフェレストラン ハプナにて料理長 橋本禎嗣氏が大豆と野菜で作る料理を「ソイフードコーナー」に設置し提供を開始した。

多様な食文化をもつ訪日外国人へ対応

日本政府観光局によると2018年の訪日外国人観光客が初めて3,000万人を超え、過去最高を更新した。

訪日外国人の多様な食文化へ対応していくとともに、植物性食中心のライフスタイルへ関心が高まっている状況から、さまざまな嗜好やシーンに合わせて楽しんでもらえるソイフードを提供する。

今回ブッフェレストラン ハプナの朝食にて「ソイフードコーナー」を設置し、食の制限などを気にする顧客が少しでも旅先で食事を楽しめるよう、食のニーズへ対応していく。

販売期間:2019年3月より
時間:6:00A.M.~10:00A.M.
提供場所:ブッフェレストラン ハプナ
料金:1名 おとな¥2,700/小学生¥1,400/幼児(4才~未就学)¥950/3才まで無料

【合わせて読みたい】 

札幌プリンス、訪日客やMICEに合わせリニューアル

新宿プリンス、レストランの仕事体験「こどもレストラン」

プリンス、ナポリ・イスキア島からピッツァ界の巨匠来日

プリンス「Buono!Buono! ITALIA FAIR」開催

プリンスがゴルフツーリズム誘客で三重県、神戸観光局と連携



関連記事