ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテル運営「龍名館」が抹茶ビアテラスを開催 9月30日まで 東京・御茶ノ水

ホテル運営「龍名館」が抹茶ビアテラスを開催 9月30日まで 東京・御茶ノ水

投稿日 : 2021.05.04

東京都

ホテル関連ニュース

ホテル・レストラン運営の龍名館(東京都千代田区)は6月1日(火)より、日本茶づくしのビアガーデン「抹茶ビアテラス」を日本茶レストラン「レストラン 1899 お茶の水」で始める。

「抹茶ビアテラス」は、ドリンクからメイン料理、スイーツまで“日本茶”を使ったメニューを提供するビアガーデン。ドリンクは真緑色をした「抹茶ビール」を始め、「抹茶ハイボール」や4種の「日本茶モクテル」が飲み放題。「煎茶ローストビーフ」「新鮮野菜の抹茶ディップ」「お茶ソーセージ」などお茶を使った料理16種に、抹茶づくしの「お茶パフェ」などスイーツも楽しめる。

期間は6月1日(火)から9月30日(木)まで。時間は午後5時から午後8時まで。飲み放題は2800円(90分制)。予約は電話(03-3251-1150)、あるいはWEBで受け付ける。

出典:レストラン 1899 お茶の水

昨年は新型コロナウイルスの影響で、ビアガーデンを開催することができなかった。6回目となる今年は「抹茶ビアガーデン」から「抹茶ビアテラス」にイベント名称を変更し、「静かにゆるやかな時間を楽しむ」をテーマに再開を決めた。料理は全て1人前で提供、店内の座数を約2割減らしてテーブルの間隔を確保、全席にパーテーションを設置するなど、コロナ禍でも夏の風物詩であるビアガーデンを安心して楽しめるよう環境を整えている。

出典:レストラン 1899 お茶の水

「レストラン 1899 お茶の水」は、ホテル・レストラン業の老舗、創業120年の龍名館が2014年8月1日にオープン。ジュニアスイートのみの小規模高級ホテル「ホテル龍名館お茶の水本店」に併設する創作和食店。木目を基調とした落ち着きのある店内で、日本茶を「飲む」だけではなく「淹れる」「食べる」をコンセプトに料理やスイーツなどを提供している。

合わせて読みたい
  • 森トラスト、東京ワールドゲート「神谷町ト...

  • 日比谷線新駅の名称を「虎ノ門ヒルズ駅」に...

  • ホテル龍名館「ホテル 1899東京」新橋...

  • 前橋・白井屋ホテルに特別個室「真茶亭」が...

関連記事