ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 無人ホテル「Re:ONcE Shibuya」(リ・ワンス渋谷)開業

無人ホテル「Re:ONcE Shibuya」(リ・ワンス渋谷)開業

投稿日 : 2020.06.10

東京都

バケーションレンタル

リスト株式会社の連結子会社であるリストプロパティーズ株式会社は、2020年6月16日にホテル「Re:ONcE Shibuya(リ・ワンス渋谷)」の宿泊を開始する。

出典:リスト

同社は、渋谷は東京を訪れた訪日外国人の4割以上が訪れる人気の観光エリアかつ、再開発も進みIT企業を中心に多くの企業が集結するビジネス街となっていることから、今後の観光・ビジネス需要での宿泊を見込み、グループ内で初めて旅館業を取得し、渋谷の松濤エリアにホテル「Re:ONcE Shibuya」をオープンした。

6月3日(水)より予約受付を開始し、6月16日(火)より宿泊可能となるという。

「Re:ONcE Shibuya」は、2018年6月の旅館業法改正、2019年6月の建築基準法改正を受け、築15年の松濤ビル(事務所・店舗用途)をリストプロパティーズにて2019年9月に取得後、2~4階部分をリノベーションしホテルに用途変更を行う。

1フロアにつき1客室の全3客室となっており、日本の伝統的な空間要素である“しきり”・“縁側”・“続き間”を各客室で現代的にリデザインした空間。訪日外国人に限らず国内観光客にも日本らしい空間に泊まりながら、非日常を感じられる空間になっているという。

各客室の最大宿泊人数は8人となっており、キッチンや調理器具、洗濯機に加えAmazon Fire TVも備え付けているため、大人数での旅行や出張等の長期間の滞在にも適している。

ホテル運営はスマートレジデンシャルホテル運営代行のzens株式会社に委託し、スマートロック等のIoTを活用した遠隔チェックインシステム(ZensTablet)やチェックアウト後の円滑な清掃業務、緊急時の駆け付けサービス等により無人での運営を実現したとのこと。

出典:リスト

【物件概要】

名称:Re:ONcE Shibuya(リ・ワンス渋谷)

※「Re:繰り返す」「ONcE:1回目」の意味から、1回目を繰り返す=もう1回お越しいただきたいという願いが込められているという。

所在地:東京都渋谷区神泉町1-20

アクセス:渋谷駅A2出口徒歩9分、神泉駅徒歩3分

客室:全3客室(各室最大8名宿泊可能)

建築年:平成17年3月1日

構造・規模:鉄骨造 地上5階建て うち2~4階部分

延床面積:333.07m2

ホテル開業日:2020年6月3日 ※宿泊開始は2020年6月16日を予定

メトロエンジンリサーチによると、東京都渋谷区には宿泊施設が117、部屋数にして8,881室が提供されている。新規開業予定は6施設、部屋数にして880室が新たに供給される見込み。

同区内の民泊物件数は357となっている。

【合わせて読みたい】

不動産企業リストが横浜中華街で「民泊事業」を開始

東京23区ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年1月現在)

関連記事